適正体重の計算と痩せるペースの調節が大切!

適正体重の計算と痩せるペースの調節が大切!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ダイエット中の人にとって、「今すぐに痩せたい!」と思ってしまうのは当然のことですよね。だから、すぐに結果を出せるように、過激な食事制限などの無茶なダイエット法に走ってしまいがちです。

 

でも、そんなやり方で痩せたとしても、ほぼ確実にリバウンドをしてしまうでしょう。痩せる必要が無いのに強引にダイエットをしたり、無理なペースで痩せようとすると体は飢餓状態だと認識してしまいます。

 

そうすると、カロリー消費を抑えて、脂肪を溜めこもうとしてしまうわけです。その結果、太りやすい体質になってしまう。これだと、完全に逆効果ですよね。なので、こういった失敗をしないためにも、正しいダイエット法を知るようにしてください。

 


スポンサーリンク

 

あなたの適正体重は?

 

まず、ダイエットを始める前に、本当に痩せるべきなのかを考えましょう。特に女性の場合だと、十分に痩せているのにダイエットに励みがちです。それだと、基礎代謝が悪くなるだけですし、健康にも良くありません。

 

なので、適正体重を計算してみましょう。

 

身長(m)×身長(m)×22=適正体重(kg)

 

上記の計算式で、自分の適正体重を計算することができます。

 

たとえば、身長が158cmの人であれば、1.58×1.58×22=54.9kgとなります。

 

 

ただこれは、健康的な体を基準とした計算式なので、若干太目の体重が算出されてしまいます。男女の区別もされていませんし。なので、女性であれば、以下の式で計算しましょう。

 

身長(m)×身長(m)×20=適正体重(kg)

 

この式であれば、1.58×1.58×20=49.9kgとなるので、適正な体重だと言えるでしょう。ただし、その人の骨格や年齢によって適正体重は変わりますので、±5kgぐらいは許容範囲だと考えましょう。

 

 

自分の今の体重が適性の範囲内であれば、ダイエットをするのは止めてくださいね。そこから痩せても体に負担をかけるだけですし、良いことは一つもありません。しっかりと自分を見据えて、ダイエットをするべきかを判断してください。

 

 

ダイエットの正しいペース配分とは?

 

いざダイエットを始めるとしても、短期間で痩せようとしてはいけません。先述したとおり、急激に痩せてしまうと、身体が飢餓状態だと判断してしまいます。そうすると、脂肪を余分に溜めこもうとしてしまいますから、太りやすい体質になります。

 

よくダイエット商品で「一カ月で10キロ痩せた!」とか「3日で5kg痩せた」などという広告がありますが、本当に痩せたとしても絶対にリバウンドしてしまいます。なので、そういった商品に飛びつくのは、止めてくださいね。

 

 

では、どういったペースでダイエットすればいいのか?一般的に、安全に痩せることができるのは、1か月で体重の5%までとされています。つまり、体重が50kgの人であれば、2.5kgまでということですね。

 

体重の5%という数値を守っているかぎりは、リバウンドなどの心配は無さそうです。ですから、数カ月単位で計画を立てて、ゆっくりとしたペースで痩せるようにしてください。すぐに痩せたい気持ちは分かりますが、リバウンドしたら意味が無いですよね。

 

長い目で見れば、ゆっくり痩せた方がダイエット効果は高くなります。なので、正しいペースを守って、ダイエットを行うようにしましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク