体重の量り方について

体重の量り方について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ダイエットをしている人にとって、体重を量ることは非常に大切なことです。でも、正しい量り方を知っている人は、ものすごく少ないですね。体重をちゃんと量らなければ、自分が太ったのか痩せたのかを知るすべがありません。

 

ほとんどの人は、たまにしか体重計に乗らなかったり、量るだけで終わっていたりしています。でも、それじゃダメなんです。正確に体重を量ることは、ダイエットの基本的なことですから絶対に覚えておくようにしてください。

 


スポンサーリンク

 

正しい体重の量り方とは?

 

毎日体重計に乗る

 

体重を量るのであれば、毎日続けるようにしてください。そうすることで、体重の変化を知ることができます。また、少し太ってきたときに、すぐに兆候を知ることができるので対処することが可能です。

 

体重計に乗るだけで、ダイエットに対する意識を高めることにもなるので、ものすごく大切なことですね。でも、ほとんどの人は、たまにしか体重を量っていません。たった数秒で出来ることなのに、やっていない人が多いわけです。それだと、意識を高く維持できませんから、必ず毎日量るようにしてください。

 

 

同じ時間に量る

 

人の体重は、一日のうちでかなり変化しています。食前や食後であったり、寝る前や起きた後など、1kg以上の差がある場合もあります。当然、人によって生活のリズムが違いますから、毎日同じ時間帯に量ることで、おおよそ正確な体重の移り変わりが見えるようになります。

 

なので、自分にとって一番ストレス無く量れる時間帯に、体重計に乗るようにしてください。自分の中での日課にするのが、最も効率的ですね。

 

 

体重を記録として残す

 

体重計に乗っただけで満足していませんか?毎日の体重の変化を見て、一喜一憂しているだけでは意味がありません。ノートなどに日々の体重を記録して、太ったり痩せたりした原因を分析することが大切です。

 

エクセルなどに入力して、グラフ化することもおススメですね。グラフにすることで、体重の変化を視覚的に見ることができるので重宝します。

 

 

そして、体重の変化を記録するだけでも、ダイエット効果が高まると言われています。「計るだけダイエット」という方法がありましたが、これは体重の変化を記録することで自分の食生活や生活習慣を見直すことができるという手法です。

 

ちゃんと記録として残しておけば、後で太ったり痩せたりした原因を見つけることができます。なので、しっかりと記録する習慣を付けておきましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク