リバウンドの原因について

リバウンドの仕組みについて

このエントリーをはてなブックマークに追加  

食事制限などで体重が減ったとしても、安心してはいけません。目標体重に達して気を抜いていると、いつの間にか体重が元に戻ってしまうことがあるからです。それどころか、むしろ以前よりも体重が増えてしまう場合もあるくらいです。このように、一度痩せても、すぐに体重が戻ってしまうことをリバウンドと言います。

 

あるデータによれば、ダイエット経験者のうち6割程度がリバウンドをしてしまうようです。せっかく体重が落ちたのに元に戻ってしまうのであれば、今までの努力が無駄になってしまいます。これだと、やる気を失ってしまいますよね。

 

でも、恐ろしいことに何度もリバウンドを繰り返していると、エネルギーを消費しにくくなってしまいます。その結果、太りやすく痩せにくい体になってしまうわけです。なので、こういった状況を防ぐためにも、リバウンドをしにくいダイエットを実践するようにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

リバウンドの原因とは?

 

筋肉量が減ってしまう

 

食事制限を主体としたダイエットをすると、筋肉量が減ってしまいます。人の体はエネルギーが不足すると、体脂肪よりも先に筋肉を分解してエネルギーに変えるからです。だから、食事を減らし続けると、筋肉もどんどん減ってしまうようになります。

 

そして、筋肉が減ってしまうと、基礎代謝が大幅に減ってしまいます。基礎代謝とは、日常生活で消費するエネルギーのことです。筋肉は、それを維持するために膨大なエネルギーを消費するので、筋肉量が多いほど消費カロリーも多くなります。

 

だから、筋肉が減ることで、カロリーを消費しにくい体になるということです。

 

 

ホメオスタシスについて

 

そして、さらに困ったことに、筋肉量が減ってしまうと人の体は異常事態だと認識します。飢餓の状態だと勘違いしてしまって、消費エネルギーを最小限に抑えようとするわけです。このような、防衛本能が働くようになるんですね。これは、ホメオスタシスと呼ばれる現象です。

 

ホメオスタシスは、ダイエットを止めた後も機能し続けます。だから、食事量を元に戻すと、カロリーが消費されずに体に溜まってしまいます。その結果、どんどん太ってしまって、リバウンドをしてしまうというわけです。

 

 

レプチンの減少

 

また、レプチンという物質も、リバウンドに深く関係しています。レプチンとは、脳の満腹中枢を刺激する物質のことで、これが多いと満腹感を得やすくなります。しかし、レプチンは体脂肪から作られるので、ダイエットをして脂肪が減るとレプチンも減少してしまいます

 

なので、この状態であれば、いくら食べても満腹だと感じないようになるんです。ですから、ダイエットが終わった後で、普段通りの食事をしても満足できません。結局、食べ過ぎてしまってリバウンドをすることになります。

 

 

リバウンドを防止するためには?

 

筋肉量を減らさない

 

ダイエットに成功するための秘訣は、消費カロリーが多い体になるということです。食べたとしても、それを消費できるのであれば太る心配はありません。そのために、筋肉量を減らさないということを意識しないといけません。

 

上記で述べたとおり、筋肉量が多い人ほど消費カロリーも増えていきます。だから、ダイエットによって、筋肉が減らないように対策をしましょう。有効な手法としては、有酸素運動を行うということです。

 

有酸素運動とは、ウォーキングやジョギングなどの空気を取り組みながら行う運動のこと。有酸素運動を定期的に行うことで、筋肉量を維持したまま体脂肪を減らすことができるようになります。

 

食事制限のみのダイエットの場合だと筋肉が減る一方ですから、有酸素運動を取り入れたダイエット法を実践するようにしてください。

 

 

ホメオスタシスを防ぐ

 

ホメオスタシスが起きてしまう最大の原因は、急激な体重の減少にあります。突然体重が減ってしまうことで、脳が異常事態だと認識してしまうためですね。なので、時間をかけてゆっくりと痩せることで、ホメオスタシスが起きるのを防ぐことができます。

 

あるデータによると、1か月で5%以上体重が減ってしまうとホメオスタシスが作動するようです。ですから、焦らずにゆっくりとダイエットに取り組むようにしてください。

 

レプチンを増やす

 

レプチンが減少すると満腹を感じにくくなってしまいますが、実は1カ月もするとレプチンは元の水準まで増えると言われています。なので、体重が減った後で1ヵ月間それを維持することができれば、レプチンが元通りになります。

 

それ以降なら、普通に食事をしても満腹感を得ることができるので、食べ過ぎてしまう心配はありません。ですから、ダイエット後に急に食事量を増やすのではなくて、徐々に増やしていくようにしてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク