簡単に基礎代謝を上げる方法とは?

簡単に基礎代謝を上げる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

効果的に痩せたいのであれば、基礎代謝を上げることは必要不可欠です。基礎代謝とは、呼吸をしたり臓器を動かしたりなど、日常生活で使用されるエネルギーのことです。実は、1日に使うエネルギーのうち、70%が基礎代謝だと言われています。

 

なので、基礎代謝を上げることができれば、家でゴロゴロしているだけでもカロリーを消費してくれるわけです。ちょっとくらい食べ過ぎたとしても、すべてエネルギーを消費してくれます。太りにくい体になることができるので、しっかりと覚えておいてください。

 

 

まず、あなたの基礎代謝が、どれくらいなのかを計算してみましょう。

 

■女性の場合
665+ 9.6×体重(kg)+1.7×身長[cm]−7.0×年齢

 

■男性の場合
66+13.7×体重(kg)+5.0×身長[cm]−6.8×年齢

 

上記の計算式に当てはめれば、自分のおおよその基礎代謝が分かるはずです。

 

 

たとえば、身長158cmで体重が40kgの25歳の女性の場合、以下となります。

 

665+9.6×40kg+1.7×158cm−6.8×25歳 = 1147.6kcal

 


スポンサーリンク

 

 

一般的な平均値と比べてみて、自分の基礎代謝が低いのなら要注意ですね。

 

【平均基礎代謝の表】

年齢 基礎代謝量
18〜29才 1,550 1,210
30〜49才 1,500 1,170
50〜69才 1,350 1,110
70才以上 1,220 1,010

 

では、どうやって基礎代謝を上げればいいのか?
その方法を紹介していきます。

 

 

基礎代謝を上げる方法

 

有酸素運動を行う

 

有酸素運動とは、酸素を取り込みながら行う運動のことです。ジョギングやウォーキング、水泳などがそうですね。長時間体を動かし続けることで、心臓や肺などの心肺機能が鍛えられるようになります。そうすると、臓器の働きも活発になりますから、基礎代謝がアップするということです。

 

最もおススメなのが、ウォーキングですね。手軽に始めることができますし、体力の少ない人でもできる運動です。なので、出来るかぎり毎日歩くようにしてください。その時に気を付けるべきことがいくつかあります。

 

それは、なるべく空腹時にウォーキングを行うということです。空腹時に運動をすることで、脂肪の燃焼を早めることができるからです。また、正しい姿勢で歩くことも重要です。背筋を伸ばして歩かないと、正しく筋肉が使われません。すると、消費カロリーも少なくなるので、気を付けるようにしてください。

 

 

ツボを押す

 

基礎代謝を高めてくれるツボがあります。これを押すようにすることで、効率よくカロリー消費が出来るようになるので、やってみてください。

 

○中かん
みぞおちとへそを結ぶ線の中間に位置するツボです。ここを刺激することで、胃の調子を整えることができ、内臓全体の働きを活発にすることができます。

 

○気海
へそから指一本分、下にあるツボのことです。ここを刺激すれば、気の流れを良くして体全体の活力を高めることができます。朝起きて刺激すると、かなり効果的ですね。

 

 

朝食を摂る

 

朝食をしっかり食べることで、体温を上げることができます。そうすると、体温を維持するために臓器が活発に動くので、基礎代謝を高めることが可能です。また、脳に栄養が届くので、交感神経が活発になりエネルギーの消費が多くなることもあります。

 

忙しい時でも、なるべく朝食は食べるように意識しましょう。太りにくい体を作るためには、必要不可欠なことです。

 

 

体に合った下着をつける

 

体に合わない下着を付けていると、締め付けによって血行が悪くなってしまいます。すると、基礎代謝も下がってしまいますので、下着選びには気を付けるようにしてください。自分の体に合った下着を身に付けて、血行をスムーズにしましょう。

 

 

半身浴をする

 

半身浴を行えば、体温を上げることができ体を温めることが可能です。ぬるま湯に、20分以上浸かることがポイントですね。お湯の温度が高すぎると、貧血を起こすことがあるので注意してください。

 

 

冷暖房を控えめにする

 

夏に冷房を効かせすぎたり、冬にコタツなどを常用していると、自分で体温調節する機能が衰えてしまいます。そうすると、熱を作ることができずに、体温が低くなってしまう傾向にあります。なので、冷暖房に頼りすぎるのは、控えるようにしてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク