ビタミンB1の効果について

ビタミンB1の効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ビタミンB1とは、水溶性ビタミンB群の一種です。糖をエネルギーに変えるのをサポートしたり、疲労を回復させたりする効果があります。米などの炭水化物が主食の日本人にとっては、無くてはならない栄養素だといえます。

 

ビタミンB1が不足してしまうと、集中力が下がったり、イライラの原因となってしまいます。また、慢性的に不足することで末梢神経に障害が起きてしまい、脚気という病気になることもあります。偏った食事をすると不足しやすいので、気を付けるようにしてください。

 


スポンサーリンク

 

ビタミンB1の効能について

 

代謝のアップ

 

ビタミンB1は、食事から得た糖質をエネルギーに変換する働きがありますので、糖の代謝を高めるのに有効です。余った糖質は体内に蓄積されて体脂肪となってしまいますが、ビタミンB1を豊富に摂っていることですべてエネルギーに変えてくれるようになります。

 

なので、エネルギーの消費効率を高めることになり、太りにくい体質になることができるわけです。

 

 

疲労の回復

 

体内に取り込まれた糖質は、ブドウ糖に変換されてエネルギーとなります。しかし、エネルギーになれなかった糖質の一部は、疲労物質の乳酸に変換されて体に溜まってしまいます。これが続くと、疲労感や倦怠感の原因となってしまうわけです。

 

しかし、ビタミンB1は、糖質のエネルギー代謝を促進することができるので、糖質が余らずに乳酸の発生を抑えることができます。また、体内のエネルギーが豊富になるので、疲労を感じることなく活発に動けるようにもなります。

 

 

神経機能の正常化

 

脳は、ブドウ糖からしかエネルギーを補給することは出来ません。なので、ビタミンB1を豊富に摂取することで、糖質をブドウ糖に変換できますから、脳にエネルギーを送ることができます。すると、脳神経の働きを正常化することができ、集中力や記憶力のアップにつながります。

 

逆に、ビタミンB1が不足するとブドウ糖も不足することになるので、脳の働きが悪くなってイライラや集中力の低下がみられるようになるということです。

 

 

ビタミンB1を効率よく摂取するには?

 

ビタミンB1は、肉類に多く含まれている栄養素です。多量に摂っても体外に排泄されるので、問題ありません。活動のエネルギーをつくり出すために不可欠な栄養素なので、毎日の食事から摂取できるように心掛けてください。

 

■ビタミンB1を多く含む食品

 

体力を使う仕事をしていたり、普段から疲れやすい人は、ビタミンB1が不足している可能性があります。なので、意識的に摂取するようにしましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク