不飽和脂肪酸の効果とは?

不飽和脂肪酸の効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

不飽和脂肪酸は、脂肪酸の一種で一価(単価)不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸に分類されます。炭素同士が二重結合している脂肪酸で、太りにくく健康に良い油だと言われています。悪玉コレステロールの抑制や中性脂肪を減らすことができます。

 

一価不飽和脂肪酸

一価不飽和脂肪酸は、単価不飽和脂肪酸とも呼ばれますが、オリーブオイルに含まれるオレイン酸が代表的です。悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やすことができるので、動脈硬化を防止することができます。

 

また、体脂肪を燃やしやすくして、太りにくい体質を作るためにも効果的です。筋肉の回復力を高める働きもあるので、スポーツ選手などにもおススメですね。

 

 

多価不飽和脂肪酸(n-3系列・オメガ3)

魚の油に含まれるDHAやEPAなどが代表的です。また、えごま油や菜種油に含まれるα-リノレン酸も、これの一種ですね。α-リノレン酸は、体内に入るとDHAやEPAに変化します。血中の中性脂肪を減らして、善玉コレステロールを増やす働きがあります。また、血栓や動脈硬化の防止にも役立ちます。

 

さらに、筋肉の分解を防いで基礎代謝を維持したり、脂肪燃焼の効果もありますから、ダイエット中の人には欠かせない油だといえます。

 

 

多価不飽和脂肪酸(n-6系列・オメガ6)

大豆油やコーン油など、植物性の油に多く含まれるリノール酸が代表です。リノール酸は、体内でγ-リノレン酸やアラキドン酸などに変化します。悪玉コレステロールを減らす働きがありますが、同時に善玉コレステロールも減らしてしまうので注意が必要です。

 

普通の食事をしていれば、オメガ6は十分に摂取することができるので、意識的に摂ることを考えなくて大丈夫です。摂りすぎると害があるので、一価不飽和脂肪酸やオメガ3を摂取することを意識してください。

 


スポンサーリンク

 

不飽和脂肪酸の効能について

 

脂肪の燃焼

 

一価不飽和脂肪酸やオメガ3には、体脂肪の燃焼を促進する効果があります。また、基礎代謝の維持などの効果もあるので、ダイエット中の人は積極的に摂るようにしましょう。

 

過度な食事制限をしている人は、体脂肪よりも先に筋肉が分解されてしまいます。筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝が落ちて太りやすい体質になります。なので、筋肉量を維持して体脂肪を減らせるように、不飽和脂肪酸を摂取するようにしてください。

 

 

動脈硬化や高血圧を予防する

 

不飽和脂肪酸には、悪玉コレステロールを減らす効果があるので、動脈硬化や高血圧を予防することができます。特に、単価不飽和脂肪酸であるオレイン酸やオメガ3のDHAやEPA、オメガ6のγ-リノレン酸やアラキドン酸などが効果的です。

 

 

アレルギー症状の緩和

 

オメガ6のγ-リノレン酸やオメガ3のEPAには、アレルギー症状を抑えることができる効果があります。また、アトピーなどにも効果があるので、敏感肌で悩んでいる人は試してみてください。

 

 

脳を活発にする

 

オメガ3のDHAやα-リノレン酸には、脳の神経機能を活発にする働きがあります。なので、集中力や記憶力を高めるのに効果的です。仕事や勉強などの効率がアップするはずなので、活用してください。

 

また、眼の機能にも働きかけるので、動体視力のアップや近視の改善などにも効果があるようです。

 

 

不飽和脂肪酸を効率よく摂取するには?

 

不飽和脂肪酸は、色々な油に含まれている脂肪酸です。なので、普段の料理に使う油を変えてみたり、食材選びに気を付けることで簡単に摂取することができます。

 

■不飽和脂肪酸を多く含む食材

 

また、健康に良いと言っても、油ですからカロリーは高いです。なので、食べ過ぎは控えるようにしましょう。適度な分量を守ることで、脂肪を効果的に減らすことができますよ。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク