オルニチンの効果について

オルニチンの効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

オルニチンは、非必須アミノ酸の一種で、肝機能の向上や疲労回復などに効果があります。通常のアミノ酸は、タンパク質の中にとどまってしますが、オルニチンは血液に溶け込んで体内を巡るために「遊離アミノ酸」と呼ばれています。

 

そして、肝臓にたどり着くと、オルニチンサイクルと呼ばれる回路を促進して、アンモニアを解毒していきます。また、エネルギー生成を妨げる毒素を除去する働きもあるので、効率よくエネルギーを生み出すことができるわけです。

 


スポンサーリンク

 

オルニチンの効能について

 

基礎代謝のアップ

 

オルニチンを摂取すると、成長ホルモンの分泌を促すことができます。そうすることで、細胞の生まれ変わりを促進して、筋肉を増強したり肌の調子を整えることが可能です。また、筋肉を増強することで基礎代謝が高くなるので、消費エネルギーを増やすことにも繋がります。

 

なので、食べても太りにくい体質になって、痩せた後のリバウンドなどもしにくくなるということです。

 

 

疲労の回復

 

肝臓では、アンモニアを分解する「オルニチンサイクル」という回路があります。オルニチンは、オルニチンサイクルを活発にすることができるので、アンモニアの分解を促進することができます。

 

体内にアンモニアが蓄積されると疲労感の原因となるので、それが解消されることで疲れることなく活発に動くことができるようになります。また、不眠症が改善されたり、イライラしにくくなるといったメリットもあるようです。

 

 

肝機能の向上

 

オルニチンの効果で、最も有名なのが肝機能の向上です。肝臓の機能が弱くなってしまうと、不眠症や倦怠感、便秘や肌荒れなどの原因となります。これは、肝臓の解毒作用が弱くなってしまい、アンモニアや老廃物が溜まってしまうからです。

 

しかし、オルニチンを摂取すれば、肝臓の機能を正常に戻すことができますから、体内の毒素を除去することができエネルギッシュに行動できるようになります。

 

 

オルニチンを効率よく摂取するには?

 

オルニチンの摂取目安量は、1日500mg〜1000mgと言われています。肝臓が弱かったり、疲れが溜まりやすい人は、オルニチンを意識的に摂るようにしましょう。

 

オルニチンが多く含まれる食材としては、シジミが有名ですね。一度冷凍してから解凍すると、生で食べるよりもオルニチンの量が7〜8倍に増加します。なので、シジミを食べるときには、一度凍らせてみましょう。

 

■オルニチンを多く含む食品
シジミ
チーズ
ひらめ
キハダマグロ
エノキタケ

 

肝機能の向上などが期待できるので、日頃からお酒をよく飲む人におススメです。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれていて、不調が起きても自覚症状がありません。なので、日頃からしっかりとケアをする必要があります。ですから、オルニチンをしっかりと摂取しましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク