オリゴ糖の効果について

オリゴ糖の効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

オリゴ糖とは、単糖が複数つながった糖質の一種で、約20種類ほどあるとされています。そのなかでも、胃や小腸で吸収されにくい難消化性を持つオリゴ糖は、腸内環境を整える効果があります。なので、便秘の解消や肌荒れなどに効果的です。

 

具体的には、フラクトオリゴ糖やイソマルトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖などがあります。腸内で悪玉菌が増えると、老廃物が溜まってしまって悪影響を及ぼします。なので、日頃から便秘がちの人などは、腸内環境を整えるように意識をしてください。

 


スポンサーリンク

 

オリゴ糖の効能について

 

便秘を解消させる

 

オリゴ糖は、腸内で善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)などのエサとなります。なので、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことができ、腸内環境を整えることができます。腸の蠕動運動も活発になりますので、便通を改善させて便秘の解消につながるわけです。

 

善玉菌のエサを摂取して腸内環境を整えることをプレバイオティクスといいますが、オリゴ糖はその効能が認められて特定保健用食品(トクホ)として認可されています。なので、国から認められた信頼性の高い栄養素だということですね。

 

 

美肌効果

 

腸内で悪玉菌が繁殖すると、老廃物が溜まって毒素が充満するようになります。これが、肌荒れや吹き出物の原因となってしまいます。さらに、毒素は代謝を遅らせて活性酸素を発生させるので、肌荒れを悪化させたり疲労やだるさの原因となることもあるんです。

 

しかし、オリゴ糖により腸内環境を改善できれば、悪玉菌の繁殖を抑えて肌荒れなどの原因を無くすことができます。

 

 

動脈硬化の予防

 

オリゴ糖の効果で腸内の善玉菌が増えると、善玉コレステロールも増やすことができます。善玉コレステロールは、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果があるので、動脈硬化を予防することに繋がります。

 

また、カルシウムの吸収を促進する効果もあるので、骨密度を向上させて骨粗鬆症などを防ぐこともできます。

 

 

オリゴ糖を効率よく摂取するには?

 

オリゴ糖の摂取量の目安としては、1日に2〜8gだとされています。なので、市販のオリゴ糖を小さじ1杯くらいですね。また、オリゴ糖を含む食品もたくさんありますから、そういったものを食べるのも構いません。

 

■オリゴ糖を多く含む食品

 

オリゴ糖は、腸内環境を整えるのに有効ですが、多量に摂取するとお腹を壊す可能性があります。なので、適度な分量を守って摂取するようにしましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク