ヒスチジンの効果とは?

ヒスチジンの効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ヒスチジンは、必須アミノ酸の一つで発育に不可欠な成分となっています。大人は体内で合成することができますが、子供は合成できないために食事から摂取しないといけません。また、神経機能の補助をする働きもあるので、関節炎やストレスの緩和、貧血の改善などに効果があります。

 

ヒスチジンが不足してしまうと、発育障害や神経機能の低下がみられるようになるので、しっかりと摂取する必要があります。適切に摂取することができれば、脂肪の燃焼食欲の抑制などの効果が得られるので、ダイエット時には有効な成分だといえます。

 


スポンサーリンク

 

ヒスチジンの効能について

 

脂肪の燃焼

 

体内に入ったヒスチジンは、ヒスタミンに変換されて交感神経を刺激します。なので、脂肪細胞に働きかけて、脂肪燃焼を促進することができます。脂肪が燃えやすい体質になることができますから、ダイエットに効果的です。

 

 

食欲の抑制

 

ヒスチジンには、満腹中枢を刺激して食欲を抑える効果があります。なので、食事の量を減らすことができ、効率よく痩せることができます。普段から過食気味の人は、ヒスチジンを摂取することで改善することができるでしょう。

 

また、よく噛んで食べることでも、満腹中枢の刺激に繋がります。ですから、食事の際に意識をしてみてください。

 

 

血管の拡張

 

ヒスタミンは、H1受容体とH2受容体を通して、血管を拡張する作用があります。なので、血液の流れがスムーズになって、全身の筋肉や臓器を活発にすることができるわけです。その結果、消費カロリーが増えて、代謝が高い状態を維持できるようになります。

 

日常生活の中でカロリー消費できるので、痩せやすい体質になれます。肥満を予防するためにも、非常に効果がある作用です。

 

 

ヒスチジンを効率よく摂取するには?

 

ヒスチジンは、魚介類に多く含まれています。肉類や乳製品にも含まれるので、毎日の食事において意識をするようにしましょう。体内の成長に関わる成分ですから、非常に大切です。しっかりと摂取できるようにしてください。

 

■ヒスチジンを多く含む食品

  • カツオ
  • マグロ
  • 鶏肉
  • ハム
  • チェダーチーズ
  • ドライミルク

 

普通の食事をしている分には、ヒスチジンを摂りすぎる心配はありません。なので、肉や魚をバランス良く食べるようにすれば、適切な摂取をすることができるでしょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク