ガルニシアの効果とは?

ガルニシアの効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ガルニシアとは、インドや東南アジアに自生する植物です。インドのアーユルベーダという伝統医学では、ガルニシアを薬として使用していました。胃の消化を促進して、食欲を抑える効果があるようです。

 

また、ヒドロキシクエン酸という成分が、脂肪の合成を抑える効果もあるので、アメリカを中心としてダイエット食品にも採用されています。

 


スポンサーリンク

 

ガルニシアの効能について

 

脂肪の合成を抑える

 

ガルニシアに含まれるヒドロキシクエン酸は、ブドウ糖を脂肪に変換するATPクエン酸リアーゼの働きを阻害するので、体脂肪が合成されるのを抑えることができます。そして、ブドウ糖をグリコーゲンに変換して、エネルギーとして消費する効果もあります。なので、食事から得た糖分が脂肪に変わらずに、エネルギーとして消耗されるというわけです。

 

また、脂肪の燃焼を促進する効果もあるので、運動の前にガルニシアを摂取することで、効率よく体脂肪を燃やすことができます。ですから、ガルニシアは太りにくく痩せやすい体質を作るのに有効ということですね。

 

 

基礎代謝を高める

 

ガルシノールという成分が含まれているので、活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素が溜まってしまうと、細胞や組織がダメージを受けて機能が弱まってしまいます。なので、代謝機能が弱まって、消費カロリーが少ない体になってしまうわけです。

 

しかし、ガルシノールによって活性酸素を除去できれば、体の機能が回復して基礎代謝を高めることになります。その結果、消費カロリーが増えて痩せやすい体質になることが可能です。

 

 

食欲を抑える

 

ヒドロキシクエン酸には、肝臓においてグリコーゲンの合成を促進する働きがあります。グリコーゲンが十分に生成されると、血液中のブドウ糖の濃度が安定しますので、空腹を感じにくくなります。

 

なので、食欲を抑えることになり、無駄な過食を防ぐことができるわけです。日頃から間食をしてしまうのが癖になっている人には、ありがたい効果ですね。

 

 

コレステロール値を下げる

 

血中のコレステロール値が高くなると、血液がドロドロになって血管が詰まりやすくなります。そうすると、脂質異常症や動脈硬化、心筋梗塞などの原因となってしまいます。でも、ガルニシアを摂取すれば、コレステロール値を下げる効果がありますので、生活習慣病などを防止することが可能です。

 

 

ガルニシアを効率よく摂取するには?

 

一般に市販されている、ガルニシアのサプリメントやドリンクを飲みましょう。そうすれば、体脂肪が付きにくくなって、エネルギー消費の高い体質になることができます。ただし、ガルニシアだけで痩せようとするのではなくて、バランスの取れた食事と規則正しい生活習慣を心掛けるようにしてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク