ギャバの効果について

ギャバの効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ギャバは、脳や脊髄で反応するアミノ酸の一種で、興奮を抑えたりリラックス効果をもたらす成分です。ドーパミンなどの興奮物質の分泌を抑えてくれるので、アスリートが試合前に摂取するなど、高い鎮静作用が注目されています。

 

そして、ギャバを含んだ食品も多数販売されているので、ストレスの多いサラリーマンを中心に愛用者が多いようです。また、ダイエット中の人でも、ストレスを軽減することができますから、きっと重宝するでしょう。

 

ここでは、ギャバの効果について解説します。

 


スポンサーリンク

 

ギャバの効能について

 

リラックス効果

 

人が興奮状態に入ると、アドレナリンやドーパミンが脳内で分泌されます。脳内で興奮物質が分泌されることで、どんどん興奮が高まっていくわけです。しかし、ギャバには、鎮静作用のあるα波の分泌を増やす効果があるので、リラックスすることができます。

 

なので、ダイエット中にギャバを摂取すれば、ストレスが軽減されて過食などを防ぐことが可能です。ストレスの反動でドカ食いをしてしまう人は、ギャバを摂取するようにしましょう。

 

 

血圧を下げる

 

体内で塩分(ナトリウム)の濃度が高くなると、高血圧の原因となります。高血圧を放置していると、動脈硬化や心臓病、脳卒中などを引き起こすリスクが高まります。

 

ギャバには、腎臓の働きを活性化して、塩分を排出させる効果があります。なので、高血圧を予防することができ、生活習慣病を予防することができるわけです。しかも、血圧が高い時にだけ反応して、余分な塩分を排出できます。

 

他にも、血中のコレステロール値や中性脂肪を減らす効果もあるので、動脈硬化の予防にもなります。

 

 

ギャバを効率よく摂取する方法とは?

 

ギャバは、体内で生成可能な成分で、ビタミンB6などを原料として作られます。なので、ビタミンB6を多く含むカツオやマグロなどを食べるのがおススメです。

 

また、ギャバを含む食品も多く存在するので、そういったものを食べるようにしましょう。

 

■ギャバを多く含む食品
漬物
味噌
発芽玄米
キムチ
なす
かぼちゃ

 

日常生活でストレスを感じやすい人は、積極的に摂取してください。ストレスが軽減されることで、集中力や記憶力のアップなどが期待できます。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク