カテキンの効果について

カテキンの効果について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

カテキンとは、緑茶などに多く含まれるポリフェノールの一種です。タンニンとも呼ばれ、苦みや渋みの元となっている成分ですね。抗菌作用や抗酸化作用があるので、生活習慣病や感染症の予防などに効果があります。

 

また、最近では脂肪の燃焼効果などが認められて、特定保健用食品として認可されています。花王のヘルシア緑茶などがそうですね。肥満やメタボの予防にもなるので、健康のためにも毎日摂取できるように意識をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

カテキンの効能について

 

基礎代謝のアップ

 

カテキンには、強い抗酸化作用があることが分かっています。抗酸化作用とは、体内の活性酸素を除去する働きのことで、疲労回復や筋肉・臓器の機能向上などが期待できます。なので、体を活発に動かすことができるようになり、基礎代謝をアップさせて消費カロリーを増やすことができるわけです。

 

なんと、同じ抗酸化作用があるビタミンEと比較しても、カテキンは約50倍の力を持っているんです。なので、効率よく代謝機能を高めて、太りにくい体質になることができますよ。

 

 

脂肪を燃焼させる

 

カテキンを摂取することで、体脂肪を燃焼させることができます。ある実験によると、肥満の男女にカテキンを12週間投与し続けたところ、体重や脂肪の低下が見られたようです。しかも、内臓脂肪と皮下脂肪の両方を減らすことができるので、肥満や隠れ肥満の人に対しても有効なんです。

 

また、消化酵素の働きを抑えて、糖質の吸収を遅くする効果もあります。これによって血糖値の上昇を抑えることができるので、肥満ホルモンのインスリンの分泌を抑制することができます。なので、脂肪が付きにくくなるということです。

 

こういったことから、特定保健用食品としての認可が下りて、「高濃度茶カテキン配合」といったドリンクなども販売されていますよね。カテキンを摂取し続けることで、スリムな体型に近づけるはずです。

 

 

生活習慣病の予防

 

コレステロール値や中性脂肪が増えると、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の原因となります。しかし、カテキンを摂取することで、血中のコレステロール値の増加を抑えることができるので、生活習慣病を抑えることができるわけです。

 

 

感染症の予防

 

カテキンには、強い抗菌作用があります。なので、細菌やウイルスなどから体を守ることができ、感染症などを予防することができます。また、カテキンを含む緑茶などを飲むことで、口の中を殺菌することができるので、口臭や虫歯などを防ぐこともできます。

 

 

カテキンを効率よく摂取するには?

 

カテキンは、植物に含まれる苦み成分なので、お茶などに多く含まれています。その中でも、緑茶などに多く含まれていますから、毎日の飲料水を緑茶に変えてみましょう。

 

■カテキンを多く含むお茶

 

カテキンの摂取目安量は、1日1gだとされています。これは、約10杯分のお茶に相当する量です。なので、1日10杯を目安として、お茶を飲むようにしましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク