夜食で太らないようにする秘訣とは?

夜食で太るのを防ぐためには?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

寝る前に、お腹が空いてしまうことってありませんか?お腹が空いて眠れなくなるといったことは、少なからず誰にでも経験があるでしょう。そういった時には、気を紛らわせるといったことが大切です。

 

たとえば、本を読んだり、ゲームをしてみたり、音楽を聴いたりして、食欲を忘れることができるような努力をするわけです。最も効果的なのは、夜更かしをしないことですね。夜遅くまで起きなければ、お腹が空くこともありませんから。

 

しかし、どうしてもお腹が空いてしょうがないこともあるでしょう。そういった場合は、何かしら食べた方が良いと思います。空腹で熟睡ができなければ、睡眠不足で代謝が落ちてしまいますし、かえって太りやすい体質になりますから。

 

では、どういった夜食を食べるべきでしょうか?

 


スポンサーリンク

 

夜食を食べても太りにくい秘訣

 

消化しやすいものを食べる

 

夜にどうしてもお腹が空いてしまったのなら、消化しやすい食材を食べるようにしましょう。胃の中に留まる時間が短いため、内臓への負担が少なくて済みます。例えば、お粥やうどん豆腐や白身魚といったものですね。脂質も少ないですから、体脂肪が付くことも少ないでしょう。

 

 

食物繊維を摂る

 

食物繊維には、血糖値の上昇を抑える働きがあります。なので、寝る前にサラダなどの生野菜を食べることで、脂肪が付くのを防ぐことができるわけです。また、ビタミンやミネラルを補給できるので、基礎代謝を高めることも可能です。

 

ですから、インゲン豆やグリンピース、モロヘイヤ、キャベツなどを食べて、食物繊維を意識的の摂るようにしましょう。

 

 

よく噛んで食べる

 

食べ物をしっかりと噛み砕くことで、消化がしやすくなります。特に夜食を食べると、胃腸に負担をかけやすいです。だから、しっかりと噛むようにして、消化時間が短くて済むように工夫をしましょう。

 

目安としては、30回噛むのが良いとされていますね。噛む回数を増やしてゆっくり食べることができれば、満腹感を得やすくなります。

 

 

 

夜食を食べるのであれば、上記のようなことに気を付けてください。

 

しかし、寝る前の食事は、体が疲れる可能性があります。なぜなら、交感神経のバランスが崩れるからですね。通常であれば、昼間に交感神経が働くことで、活発に動くことができます。また、夜に副交感神経が働いてリラックスすることができます。

 

でも、夜食を摂ると、寝ている間に交感神経が働くために、興奮して眠りが浅くなってしまうわけです。だから、疲れが溜まってしまって、基礎代謝が低下することがあります。なので、なるべく夜食は食べないように、意識をするようにしてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク