薄味の料理で痩せよう

薄味の料理で痩せよう

このエントリーをはてなブックマークに追加  

普段から、濃い味のモノを好んで食べていませんか?ソースやケチャップを大量に付けたり、味噌汁なども色の濃いものが、好きだったりする人は多いでしょう。確かに濃い味の方が美味しく感じますし、食欲も満たせるので良いと思うかもしれません。

 

でも、ダイエット中の人は、そういった食生活を改善する必要があります。なぜなら、味が濃い料理を食べると食欲が増してしまうため、つい食べ過ぎてしまったりします。また、塩分量も多いですから、体がむくんでしまう原因となるんです。

 

さらに、味が濃い料理は糖分も多く含まれているので、カロリーが高い傾向にあります。砂糖やみりん、塩やしょうゆなどが大量に入っているわけですから、カロリーは相当なものになるはずです。

 

特に、塩分を摂りすぎると、高血圧の原因となります。なので、健康のためにも薄味の食事を意識するようにしてください。目安としては、1日の塩分量は10gまでとされています。塩の代わりに、酸味や辛みなどの調味料をつかうと、塩分を節約できますよ。

 


スポンサーリンク

 

亜鉛が不足しているかも

 

濃い味を好む人は、亜鉛が不足している可能性があります。普段からファストフードや外食が多い人は、栄養が偏ってしまいがちです。亜鉛は、タンパク質の合成や新陳代謝、抗酸化作用、味覚を正常にする作用などがあります。

 

なので、亜鉛が足りない人は、味覚に異常をきたす可能性が高いわけです。だから、舌が鈍ってしまって、濃い味でないと満足できなくなります。ですので、亜鉛不足を改善するために、魚介類や牛肉の赤みなどを食べるようにしてください。

 

極端な食事制限でダイエットをしている人も、亜鉛不足になることが多いです。ですから、ちゃんと栄養バランスの取れた食事ができるように、日頃から気を付けるようにしてください。

 

 

薄味にするための料理のコツ

 

味付けを薄くすると、美味しさが半減することがあります。慣れてくると微妙な味も分かってくるのですが、最初のうちは苦労するかもしれません。なので、薄味でも美味しく食べられる料理法を知っておくと良いでしょう。

 

 

香辛料や香味野菜を使う

 

香りが強い食材を使うことで、薄味でも満足できるようになります。セロリ・パセリ・ねぎ・たまねぎ・しそ・にんにくなどの香味野菜は、何にでも合わせやすいので重宝するでしょう。また、ターメリックやカレー粉、ナツメグ、ペッパーなども、人気の香辛料ですね。

 

 

酸味を加える

 

酸味があることで、薄味でもワンポイント効かせることができます。インパクトが薄い時に、レモンなどのかんきつ果汁、酢などをかけて食べると良いでしょう。また、トマトやヨーグルトなども、色々な料理に合わせやすいです。

 

 

表面を香ばしく焼く

 

表面に若干の焦げが付くように焼くと、香ばしい風味が付くので食べやすくなります。匂いによって満腹感を得ることができるので、かなり効果的です。カリッとするまで焼いてみましょう。

 

 

適温で食べる

 

料理には、美味しく食べられる温度があります。スープやシチューなどは、熱い方が美味しいですし、冷製スープなどは冷えている方が美味しいでしょう。なので、適温で食べることによって、薄味でも満足して食べることができますよ。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク