体に良い食べ合わせで痩せる方法

体に良い食べ合わせで痩せる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加  

複数の食材を組み合わせることで、代謝を促して健康的に痩せることができるようになります。なぜなら、栄養素は単体で機能するわけではなく、他の栄養素との組み合わせによって代謝される仕組みだからです。

 

たとえば、炭水化物の代謝には、ビタミンB1が必要です。また、脂質を代謝するには、ビタミンB2が必要になります。このように、正しい組み合わせで食材を食べることで、効率よく痩せることができるということです。

 


スポンサーリンク

 

食べ合わせで意識するポイント

 

酵素

 

酵素には、栄養素をエネルギーに変換する働きがあります。なので、十分な酵素が体内に無いと、食べたモノがエネルギーとして消費されないということです。ですから、消化酵素や代謝酵素を多く含む食品を食べた方が良いですね。

 

 

 

油はカロリーが高いので、ダイエット中の人は敬遠しがちです。しかし、油の中には、体脂肪を落としてくれるものがあります。油を摂ると、必ずしも太るわけでは無いんですね。たとえば、不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸)を含む、ごま油やオリーブオイルは脂肪燃焼に効果的です。

 

 

代謝

 

食べ合わせにおいて最も重要なのは、代謝を高めるということです。具体的には、体温を上げるということですね。体温が上がれば、内臓が活発に動きますからエネルギーの消費も大きくなります。なので、体を冷やすような食べ物は、控える必要があります。

 

 

食べ合わせの具体例

 

それでは、実際に食べ合わせをやってみましょう。普段の食事の時に頭に入れておけば、簡単に代謝を高めることができますし、体の脂肪を燃やすことができるようになるはずです。

 

 

肉を食べるときには、キムチや納豆などの発酵食品を合わせる

 

発酵食品には、ビタミンやミネラルがバランス良く含まれています。それによって、タンパク質を効果的に分解することができるようになります。

 

 

お寿司を食べるときには、ガリも一緒に合わせる

 

ガリには、体を温める作用があります。お寿司だけだと体が冷えてしまうので、ガリも一緒に食べることで代謝をアップさせることができますよ。

 

 

弁当には、味噌汁やスープをプラスする

 

冷たい弁当を食べると、体が冷えてしまいがちです。なので、温かい味噌汁やスープ類を一緒に食べるようにしてください。体を温めることは、非常に大切なことです。

 

 

天ぷらには、酢をかけて食べる

 

天ぷらには、飽和脂肪酸が含まれているので体脂肪に変わってしまいがちです。なので、酢をかけることで、酸化した油を中和しましょう。こうすれば、体に溜まりにくくなります。

 

 

揚げ物には、レモンやオリーブオイルをかける

 

唐揚げやコロッケなどのお惣菜には、飽和脂肪酸が豊富に含まれています。なので、レモンをかけることで、油を中和することが可能です。また、オリーブオイルをかければ、善玉コレステロールを増やすことができるので、脂肪燃焼効果があります。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク