脂質を賢く摂って痩せる方法とは?

脂質を賢く摂って痩せる方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ダイエットにおいては、脂質を避けるのが基本とされています。油には、1gあたり9kcalも含まれているので、すぐにカロリーオーバーとなってしまいます。なので、一般的には、油を控えめにするべきだと言われているわけです。

 

でも、脂質を摂りすぎないのも問題です。実は、適度な油が無ければ、脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)などの吸収がしにくくなるんです。そうすると、肌荒れの原因となったり、血管がもろくなる、イライラしやすくなるといった症状が出ることがあります。

 

といっても、脂質を摂りすぎるのは太る原因となりますから、適度な量を摂取しつつ量を制限していくという努力が必要となりますね。

 


スポンサーリンク

 

2種類の脂質とは?

 

実は、脂質には2つの種類があります。これを知らない人が多いですね。簡単に言うと、体に良い脂質と体に悪い脂質があるということです。この違いを理解していれば、効果的にダイエットができるようになりますよ。

 

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸とは、ラードやバターなどの肉や乳製品の脂肪に多く含まれています。これは体の中で固まりやすいので、体脂肪に変わりやすいという性質があるんです。また、中性脂肪やコレステロールを増やしてしまうので、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの原因になることもあります。

 

 

不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸)

オリーブオイルやごま油などの植物性の油に、多く含まれています。不飽和脂肪酸は、血中の中性脂肪やコレステロールを減少させる働きがあります。また、脳神経の発達を助けたり、アレルギー症状を抑えたりなど、かなり有益な作用があるものです。

 

 

脂質を上手に減らす方法とは?

 

上記のように、飽和脂肪酸を減らして不飽和脂肪酸を摂取すると、色々な効果が期待できます。そこで、うまく有益な脂質だけを摂取できる方法を紹介していきます。

 

 

食材の調理には、ごま油やオリーブオイルを使う

 

不飽和脂肪酸を摂ることができるように、植物性の油を使うことをおススメします。こうすることで、飽和脂肪酸を減らすことにも繋がります。ちなみに、サラダ油には、少量の飽和脂肪酸が含まれているので、あまり使いすぎ内容が良いですね。

 

 

ノンオイルのおかずや調味料を使う

 

最近では、ノンオイルのドレッシングやマヨネーズなどが、スーパーで販売されています。なので、なるべくそういったものを使うようにしてください。おかずなども、油が使われていないサラダや煮物などを食べるようにしましょう。

 

 

お惣菜の揚げ物は食べない

 

スーパーで売られているお惣菜には、油が多量に使われています。飽和脂肪酸がたっぷり入っていますし、カロリーも相当高いので食べないようにしましょう。なるべくヘルシーな食材を、優先して食べるようにしてください。

 

 

肉類よりも魚介類を中心に食べる

 

肉類には、飽和脂肪酸が多く含まれています。なので、メインのおかずは、魚介類を中心にした方が良いでしょう。ビタミンやミネラル、カルシウムなどが豊富なので、基礎代謝を高めるためにも有効となります。

 

 

お菓子やスイーツを食べない

 

ケーキやドーナツなどは、糖分が多いですし脂質もかなり含まれています。バターなどが、入っていることが多いですからね。なので、簡単に太ってしまいます。極力減らすことができるように、甘いお菓子は買わないようにしてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク