よく噛んで食べると痩せる理由とは?

よく噛んでゆっくり食べると痩せる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加  

食事をするときには、よく噛んでゆっくりと食べるようにしましょう。実は、それだけでダイエット効果があるんです。よく噛むことを意識しただけで、10キロ以上痩せたという人もいるようです。なので、日頃の食事の際に、意識をするようにしてください。

 

なぜなら、人はモノを食べてから満腹を感じるまでに、若干のタイムラグがあるからです。実際、満腹を感じるまでには、20分程度かかると言われています。なので、食べるのが早すぎる人は、満腹を感じる前に十分な量を食べてしまいます。すると、満腹になった時には、食べ過ぎの状態となっているというわけです。

 

だから、よく噛んでゆっくりと食べるだけで、食べ過ぎを防いで痩せることができます。また、他にも、痩せる理由があるので順番に紹介をしていきます。

 


スポンサーリンク

 

よく噛むだけで痩せる理由とは?

 

食べ過ぎを防げる

 

上記で、満腹を感じるまでのタイムラグについて紹介しましたが、他にも食べ過ぎを防げる理由があります。実は、噛む回数を増やすと、唾液の分泌が促進されます。すると、唾液の消化酵素であるアミラーゼが、食べ物を糖に分解します。

 

それで、血糖値が上昇することになり、満腹中枢が刺激されるというわけです。噛むだけで満腹になれるわけですから、ぜひともやってくださいね。

 

 

代謝を促進する

 

人は、食事をすると体温が上昇します。これは、食事誘発性体熱産生と呼ばれる現象で、食べた栄養素が熱となって消費されているということです。そして、その消費量は1日の消費エネルギーの約10%に相当します。

 

さらに、よく噛むことで、食事誘発性体熱産生は大きくなります。ですから、噛むだけで消費エネルギーを大きくすることができ、基礎代謝もアップさせることができるということです。

 

 

脂肪を燃焼させる

 

噛む回数が多いことで、脳の視床下部から神経ヒスタミンというホルモンが分泌されるようになります。この神経ヒスタミンは、満腹中枢を刺激して食欲を抑えたり、交感神経に作用して脂肪分解と脂肪燃焼を促進する働きがあります。

 

なので、よく噛んで食べれば、余計な脂肪を燃やしてくれるというわけです。

 

 

小食のクセが付く

 

普段から食べ過ぎている人は、満腹中枢がマヒしてしまっています。なので、多すぎる食事量に慣れてしまっていて、なかなか減らすことができません。しかし、毎日よく噛んで食事をしていくことで、小食のクセが付くようになります。

 

すると、脳の満腹中枢が正常化されて、少ない食事量でも満足できるようになるわけです。ですから、よく噛むということを習慣にしてみてください。それだけで、かなり変わってくるでしょう。

 

 

ゆっくり食べるコツとは?

 

よく噛んでゆっくり食べるメリットは、十分に理解できたと思います。しかし、早食いの癖がついている人は、なかなかスピードを遅くすることは出来ませんよね。そこで、ゆっくり食べることができるコツを紹介します。

 

 

最低30回は噛むと決める

 

口の中に食べ物を入れたら、最低30回は噛むと決めましょう。頭の中で数えながら噛むことで、ゆっくりと食べることができるようになります。

 

 

食べ物を口に入れたら、飲み込むまで箸を置いてみる

 

箸を持ったままだと、次から次へと食べ物を口に入れてしまいがちです。なので、それを防ぐために、いったん箸を置いてみましょう。そうすれば、必要以上に口に入れなくて済むようになります。

 

 

よく噛まないと食べられないモノを食べる

 

主食を硬い玄米にしたり、おかずなどは野菜を大きくカットしたり、噛まないと飲み込めないような工夫をしましょう。自然と噛む回数が増えていきますから、誰でも出来るでしょう。

 

 

誰かと会話しながら食べる

 

友達と一緒に食事をすることで、楽しく会話をすることができます。食事よりも会話に集中するようにすれば、時間をかけて食べることができますよ。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク