太らないための外食でのメニュー選び

太らないための外食でのメニュー選び

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ダイエット中の外食は、カロリーが高くなるので御法度とされています。しかし、会社の付き合いや友達関係などがあると、仕方のない場合もありますよね。なので、外食をしても太りにくくなるメニュー選びの方法を紹介していきます。

 

まず、大前提として、カロリーが低いメニューを選ぶのは必須ですね。たとえば、洋食や中華でなく和食を選ぶと、全体的にカロリーは高くありません。さらに、肉ではなく、魚や野菜料理を選択した方が、ヘルシーに食べることができます。

 

このように、メニュー選びに気を付けることで、外食であってもカロリーを摂りすぎる心配はないわけです。ですから、メニューを選択する際には、気を付けるようにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

太らないメニュー選びの原則について

 

栄養バランスの良い定食を選ぶ

 

丼ものや麺類などは、炭水化物や脂質の宝庫です。さらに、野菜などが少ないですから、栄養が偏ってしまいがちです。なので、品目数の多い定食を選ぶようにしましょう。特に、タンパク質を多く摂ることができれば、基礎代謝を高めるために有効です。

 

 

脂肪分が少ないもの

 

なるべく、脂肪が少ない素材が使われているメニューを、食べるようにしてください。白身魚などは、低脂肪なのでおススメです。また、調理法に関しても、生の刺身であったり、しゃぶしゃぶなどであれば、余分な脂を落とすことができますよ。

 

 

具が多く入っているもの

 

単品で選ぶ場合にも、具が多く入っているものを選ぶようにしましょう。特に、野菜を重視するべきですね。ビタミンやミネラルを摂らないと、エネルギーを代謝することができません。なので、バランスを考えれば、サイドメニューのサラダや漬物などを選択した方が良いでしょう。

 

 

調理法で選ぶ

 

カロリーが少ない調理法としては、以下の通りです。

 

  1. 茹でる
  2. 網焼き
  3. 蒸す
  4. 煮る
  5. 炒める
  6. 揚げる

 

上から順番に、カロリーが低くなっているので、メニュー選びの参考にしてください。余分な油を落とすことができる調理法なら、低カロリーでヘルシーな食事になりますよ。

 

 

残してみる

 

外食するときには、最初から残すつもりで食べることも大切です。メニューを全部食べていたのでは、カロリーがオーバーしがちです。なので、初めから量を減らしてもらうか、ご飯を残すということも考えておくべきでしょう。

 

 

カロリーが表示されている店に行く

 

店によっては、メニューに料理のカロリーが記載されているところがあります。そういった所へ行けば、余計なカロリーを摂ってしまう心配はありません。ダイエット中であれば、お店選びなどにも気を付けるようにしましょう。

 

 

前後の食事で帳尻を合わせる

 

外食をするとどうしても食べすぎるのであれば、その前後で調節をするようにしてください。前後の食事で少なめに食べることで、帳尻を合わせることができます。1日のトータルで食べ過ぎなければ問題ないので、しっかりと計算するようにしてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク