ダイエット中は、朝食を必ず食べよう

ダイエット中は、朝食を必ず食べよう

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ダイエット中の方は、朝食を抜く人が多いようです。ダイエットをしていなくても、時間が無いからといって朝食を食べないという人は少なくないでしょう。でも、朝食を食べなければ、それだけ太りやすい体質になってしまいます。

 

実際、国民栄養調査によると、朝食を食べない人は、食べる人に比べて体脂肪が多いという結果が出ています。なぜなら、朝食を抜くことで、昼や夜にドカ食いをしてしまうようになるので、食べ過ぎてしまうからです。

 

朝食を食べることで、朝のエネルギーとなり集中力が高まりますし、寝ている間に失われた水分を補給できるので、毎朝ちゃんと食べるようにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

朝食を抜くデメリット

 

基礎代謝が低下する

 

朝食を食べなければ、睡眠中に下がった体温が上がりません。すると、基礎代謝が低下してしまって、エネルギー消費が少なくなってしまいます。この状態が続くと、食べたカロリーが消費されずに、体脂肪として溜まってしまうわけです。

 

 

筋肉が分解される

 

朝食を抜くと、朝のエネルギーが補給できません。すると、人の体は筋肉を分解して、エネルギーに変えてしまいます。筋肉量は基礎代謝に影響しますから、筋肉が減ってしまうと代謝も悪くなります。なので、太りやすく痩せにくい体になる可能性が高いです。

 

 

体脂肪が増える

 

朝食を食べずにエネルギーが入ってこないと、体は飢餓状態だと勘違いしてしまいます。そうなると、昼や夜の食事の際にエネルギーを溜めこもうとするために体脂肪が増加するわけです。また、代謝が悪くなるので、一度付いた脂肪はなかなか落ちません。

 

 

どんな朝食を摂るべきか?

 

朝食は、一日の始まりのエネルギーとなるものです。だから、栄養バランスの取れた食事を心掛けないといけません。しかし、時間が無いからという理由で、シリアルやおにぎりなどの炭水化物に偏った食事になりがちです。

 

それではいけないので、色々な栄養が摂れるように工夫をしましょう。特に、筋肉や酵素を活発にするタンパク質は、しっかりと摂らないといけません。炭水化物や脂質タンパク質、さらに、ビタミンやミネラルも十分に補給できるようにしてください。

 

それでは、時間が無いときでも朝食を摂るための工夫を紹介します。

 

 

前の日の晩に用意しておく

 

朝から料理をする時間が無いという人は、前の日の夜から用意しておきましょう。野菜や果物を切って置いておくとか、味噌汁と作っておくとか、すぐに食べられるように準備をしておくわけです。

 

そうすれば、時間が無い時でもサッと作ることができ、十分な栄養を摂ることができるようになります。寝る前に、あらかじめやっておきましょう。

 

 

すぐに食べられる食品をストックしておく

 

納豆やハム、シーチキンなど、すぐに食べられる食材をストックするのも大切です。開けてすぐに食べることができるので、面倒な調理は必要ありません。こういった食品を常備しておくことで、効率よくエネルギー補給をすることができますよ。

 

 

夕食のおかずを朝食にする

 

あまり夜遅くに食べ過ぎると、翌朝に胃もたれとなる可能性があります。また、寝る直前に食べることで、体脂肪に変わりやすくなるというデメリットもあります。なので、夕食が遅くなる時は、一部を残しておいて朝食に回しましょう。

 

そうすれば、カロリーを摂りすぎる心配はありませんし、朝に効率よくエネルギー補給をすることができるはずです。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク