痩せるための食事のバランスとは?

痩せるための食事のバランスとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

アメリカで大流行している、ゾーンダイエットという食事法があります。これは、3大栄養素である炭水化物やタンパク質、脂質の割合を、「4:3:3」にするというダイエット方法です。こうすることで、栄養バランスに優れた食事になり、安全に痩せることができます。

 

2週間程度実践することで、体のホルモンバランスが最適化されるようです。そうすると、空腹を感じにくくなり、食べ過ぎを防ぐことができます。また、血糖値も安定するようになるので、効率よく脂肪を燃焼させることが可能です。さらに、インスリンの分泌を抑えることもできるので、太りにくい体質になれます。

 


スポンサーリンク

 

食事方法について

 

食事をするときのポイントとしては、間隔を短くすることです。つまり、1回の食事でお腹いっぱい食べるのではなく、何回かに小分けして食べていくようにします。具体的には、朝・昼・おやつ・夕方・夜の5回に分けて食べるということです。

 

「5回も食べたら太るじゃん!!」と思うかもしれませんね((+_+))

 

でも、少ない量に分けて食べているので、食事回数が増えたとしても太る心配が無いわけです。このように、食事の間の時間を短くすることで、空腹を感じにくくなります。これを続けることで、痩せやすい体質に変わっていくはずです。

 

 

インスリンの量を少なくする

 

インスリンというホルモンは、ダイエットをする人にとって悪魔のような存在です。実は、体内でインスリンが多くなると、空腹を感じやすくなってしまい過食の原因となってしまいます。また、中性脂肪を合成して蓄えるという働きまであるんです。

 

だから、インスリンが多い人は、太りやすいということですね。以前に、「糖質オフダイエット」という方法が流行しましたが、これもインスリンを減らすことで痩せるという仕組みです。なので、痩せるためにはインスリンの量を減らす努力をしないといけません。

 

 

そのためには、タンパク質を多く摂取する必要があります。タンパク質には、グルカゴンというペプチドホルモンを分泌する作用があります。グルカゴンは、インスリンを抑える働きがあるために、ダイエットに有効なんです。

 

また、タンパク質は、細胞機能をつかさどる重要な成分なので、健康的な体には欠かすことができません。なので、しっかりと摂取できるようにしてください。

 

 

以上のように、インスリンの分泌を抑えるために最適な栄養素を摂取するために、炭水化物やタンパク質、脂質の割合を、「4:3:3」にすることが重要なんです。しっかりと栄養素を確認して、インスリンの量をコントロールしましょう。そうすれば、きっとうまく痩せられるはずです。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク