お酒とダイエットの関係

お酒は飲んでも太ることは無い

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ダイエット中には、お酒を飲むのは気が引けますよね。でも、飲み会などに誘われると、断りきれないこともあるはずです。そこで飲み過ぎてしまうと、太ってしまうのではないかと気にしている人もいるでしょう。

 

しかし、正しい食事さえしていれば、お酒を飲んだとしても太りません。そもそも、アルコールのエネルギーは、すぐに熱として消費されるので体に溜まることは無いです。また、肥満ホルモンであるインスリンも出ることはありません。なので、お酒を飲むことで太ってしまうことは無いんですね。

 

なので、安心して飲み会に参加してください。しかし、だからといって、何も考えずに飲んでしまうのは危険です。お酒を飲むときの注意点を紹介しますので、参考にしてください。

 


スポンサーリンク

 

お酒の種類を選別する

 

お酒によっては、糖質を多く含んでいるものがあります。なので、そういったものを飲み過ぎてしまうと、インスリンが分泌されて脂肪が溜まりやすくなるんです。なので、なるべく糖質を含まないお酒を飲むようにしましょう。

 

■糖質を多く含むお酒

  • ビール
  • 日本酒
  • カクテル類

 

上記のアルコール類は、糖質が多いです。できれば、避けた方が良いですね。

 

 

では、糖質を含まないお酒は何かを紹介します。

 

■糖質を含まないお酒

  • 赤ワイン
  • ウイスキー
  • ブランデー
  • 焼酎

 

上記のようなものを飲むようにすれば、余計な糖質を摂取する心配はありません。特に赤ワインには、ポリフェノールが含まれているので糖分を分解する働きがあります。食事で摂ってしまった糖分も、赤ワインを飲むことで洗い流してくれますよ。

 

 

お酒を飲むと食べ過ぎに注意!

 

先述の通り、お酒の種類を見分けて飲むようにすれば、飲みながらダイエットをすることができるわけです。ただし、油断は禁物です。お酒で太ることは無いにしても、おつまみなどを食べ過ぎてしまうと太る原因となります。

 

実は、アルコールを飲み過ぎると、脳の満腹中枢がマヒしてしまいます。なので、いくら食べても満腹になりにくく、カロリーオーバーになりやすいわけです。また、栄養も偏ってしまいますから、十分に注意をしましょう。

 

 

固くて噛みごたえのあるものを食べる

 

柔らかいものを食べると、食が進みがちです。だから、なるべく固いものを食べるようにしてください。野菜スティックのニンジンなどはおススメですね。噛みごたえのあるものを食べると、脳が刺激されるので満腹感を得やすくなります。

 

 

ナイアシンが含まれる食材を食べる

 

ナイアシンには、肝臓の働きを助ける効果があります。なので、お酒を飲むときに摂るようにすると、消化が良くなり代謝がアップします。飲むときには、積極的に食べたいですね。ちなみに、ナイアシンを多く含む食材としては、鶏肉やマグロ、ブリなどがあります。刺身などの生身魚を意識して食べると良いでしょう。

 

 

マヨネーズは避ける

 

マヨネーズの半分以上は、油分でできています。なので、ダイエット中には、避けなくてはいけませんね。サラダなどに含まれていることが多いですから、注意してください。また、空揚げなどの脂っこい料理も、食べないようにしてくださいね。

 

 

 

お酒を飲むと、酔った勢いでダイエットを忘れがちです。しかし、暴飲暴食をしてしまったら、今までの苦労が台無しになってしまいます。ですから、理性をしっかりと持つようにして、お酒を飲むようにしてください。ちゃんとルールを守っていれば、飲酒によって太ることはありません。これは、覚えておくようにしましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク