ヨーグルトのダイエット効果とは?

ヨーグルトのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ヨーグルトは、乳酸菌が豊富なので健康食品としても有名で、便秘解消のために食べている人も多いでしょう。実は、ヨーグルトはダイエットにも高い効果を発揮します。腸の働きを正常化することができるので、余計な脂肪を吸収しなくて済むわけです。ここでは、ヨーグルトを使ったダイエット法について解説をしていきます。

 

まず、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は善玉菌の一種で、体内の糖分を酸に変える働きがあります。そして、この酸によって腸内環境が活性化して、便秘の解消につながるわけです。また、腸が活性化することで、基礎代謝を高めることができるので脂肪の燃焼にも効果があります。

 

他にも、悪玉菌の増殖を抑える働きもあるので、免疫力を向上させることも可能です。このように、ヨーグルトには色々な効果があって、ダイエットや健康に非常に役に立ちます。

 


スポンサーリンク

 

ダイエットに効果があるヨーグルトとは?

 

しかし、すべてのヨーグルトが、ダイエットや健康に良いわけではありません。実は、乳酸菌は数千種類あると言われていますが、その中で腸まで届くのはごく一部なんです。ほとんどの乳酸菌は、腸に届くまでに消化・吸収されてしまうので、腸内環境を整えることは出来ません。

 

なので、ここでは、直接腸に働くことができる乳酸菌を紹介します。これらを含むヨーグルトを食べることで、ダイエットにも効果が出てくるでしょう。

 

 

ヤクルト菌

 

ヤクルト菌は、飲み物の名前にもなるほど有名な乳酸菌です。別名、ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株という複雑な名前です(@_@;)。ヤクルト菌は、胃液や胆汁などの強力な消化液にも耐えることができるので、生きた状態で腸まで到達することが可能です。

 

 

ビフィズス菌

 

ビフィズス菌も、有名な乳酸菌の一種ですね。悪玉菌の増殖を抑えて、下痢や便秘の予防や老化防止などにも効果があります。また、免疫力を高めて、抗がん性があるということも分かっています。

 

 

クレモリス菌

 

カスピ海ヨーグルトの主成分として知られる、クレモリス菌。とろみと甘さが特徴ですね。粘り気があるので腸内の保湿効果があり、感染症やガンを防止する働きがあります。また、コレステロール値を下げることもできるので、生活習慣病の予防にもなります。

 

 

LG21

 

LG21は、胃の病気の原因となるピロリ菌を、最も減少させることができる乳酸菌です。胃粘膜に付着して、胃酸にも負けることがありません。胃の炎症を抑えることで、消化吸収力を高めて脂肪が付きにくい体になります。

 

 

ダイエットに効果的なヨーグルトの食べ方

 

では、どのようにヨーグルトを食べれば、ダイエットに効果的なのでしょうか?ヨーグルトの持つ効能を最大限に発揮できる食べ方をすれば、かなり効率よく痩せることができるはずです。ここで、おススメの食べ方を紹介します。

 

 

塩を加える

 

プレーンヨーグルトに、塩を混ぜて食べてみましょう。そうすることで、塩に含まれるナトリウムが、乳酸菌の働きを高くしてくれます。実は、乳酸菌はナトリウムと非常に相性が良いのです。なので、乳酸菌が非常に活発となり、腸内環境に高い効果を発揮します。

 

また、カルシウムが不足すると、人の体は栄養不足だと思うので脂肪を溜めやすくなります。しかし、塩にはカルシウムの吸収を良くする働きもあるので、ヨーグルトに含まれるカルシウムを効率良く吸収できるようになるんです。

 

 

果物を加える

 

ヨーグルトに果物を入れて食べると、食物繊維を摂ることができます。すると、食物繊維は消化・吸収されないので、そのまま腸に運ばれていきます。なので、乳酸菌も一緒に運ばれやすくなるんです。キウイフルーツやリンゴは、食物繊維が豊富なのでおススメですよ。

 

 

野菜を加える

 

野菜と一緒にヨーグルトを食べることで、オリゴ糖が乳酸菌の働きをサポートしてくれます。オリゴ糖を含む野菜としては、エシャロット、チコリ、にんにく、玉ねぎなどがありますね。サラダなどとヨーグルトを合わせれば、効率よく摂取できるでしょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク