ウイスキーのダイエット効果とは?

ウイスキーのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ウイスキーは、大麦やライ麦、トウモロコシなどの穀物を発酵させた蒸留酒です。糖分が少なく低カロリーで、プリン体も含まれていないため、健康に非常に良いお酒だと言われています。痛風や糖尿病を予防したり、血液をサラサラにする効果があります。

 

また、基礎代謝を高めたり、脂肪を燃焼する働きもあるのでダイエットに有効なお酒なんです。ダイエット中には、お酒は御法度だとされていますが、ウイスキーを活用すれば健康的に痩せられる可能性が高いです。

 

ここでは、ウイスキーのダイエット効果について解説します。

 


スポンサーリンク

 

ウイスキーがダイエットに効く理由

 

基礎代謝のアップ

 

ウイスキーには、リオニレシノールという成分が含まれているので、強い抗酸化作用が期待できます。リオニレシノールは、体内の活性酸素を除去して、脳や筋肉、臓器の疲労を回復する効果があります。

 

なので、体の機能を活性化させることができ、消費エネルギーの多い痩せやすい体を作ることができます。

 

 

脂肪を燃焼させる

 

ウイスキーを飲むことで、脂肪代謝を促進するホルモンが増えると言われています。なので、脂肪を効果的に燃やすことができ、痩せることが可能です。また、アルコールによって体を温めることができるので、内臓の消化機能も促進されます。

 

なので、余分な脂肪も余らないようになって、太りにくい体質を維持することができるわけです。

 

 

ウイスキーダイエットの実践

 

1杯程度のウイスキーを飲むようにしましょう。少し体がポカポカするくらいで十分ですから、飲み過ぎないように注意してください。アルコールを飲み過ぎると、肝臓に負担をかけてしまいます。

 

特に、ウイスキーはアルコール分が高いので、お酒が弱い人は気を付けましょう。また、ウイスキーには、製造方法によって4つの種類に分類されていて、味や香りなども異なります。なので、最低限の知識を付けておくようにしましょう。

 

 

ピュアモルトウイスキー(シングルモルト)

100%の麦芽を原料としたウイスキー。ひとつの種類の麦芽のみを使用しているので、個性的な味わいが楽しめます。

 

ピュアモルトウイスキー(ヴァッテッドモルト)

複数のシングルモルトを混ぜ合わせて作られたもの。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク