青汁のダイエット効果とは?

青汁のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

健康食品の定番といえば、青汁ですよね。大麦若葉、ケール、明日葉などを原料として、青汁は作られています。野菜に含まれるビタミンやミネラルを効率よく摂取することができますから、色々な効果が期待できるわけです。

 

青汁を飲むことで、脳梗塞や心筋梗塞などの予防をすることができます。また、基礎代謝のアップや便秘の解消など、ダイエットにも効果的に作用する成分が含まれているんです。なので、健康的に痩せるためには、非常に有効な食材だと言えるでしょう。

 

ここでは、青汁のダイエット効果について解説します。

 


スポンサーリンク

 

青汁がダイエットに効く理由

 

基礎代謝のアップ

 

大麦若葉には、牛乳の約30倍のビタミンB1やほうれん草の約33倍のビタミンC、ほうれん草の約6.5倍のカロテンなどが含まれています。こういった栄養素が、筋肉や臓器を活発に働かせることで、基礎代謝を高めて消費エネルギーを増やすことができるわけです。

 

 

便秘の解消

 

青汁には、白米の10倍以上の食物繊維が含まれています。なので、腸内に溜まった便を押し出す働きがあり、便通を改善することができます。また、食物繊維は腸内の善玉菌の餌になりますから、腸内環境を活性化することになり代謝を高めることにもなるわけです。

 

 

むくみの解消

 

ほうれん草の約18倍のカリウムが含まれているので、強い利尿作用があります。ですから、体内の余った水分を出すことにより、むくみや水太りを解消することができるわけです。また、老廃物も尿と一緒に出すことができますから、肌荒れを防ぐことも可能です。

 

 

青汁ダイエットの実践

 

夕食前に、青汁を飲むようにしましょう。そうすれば、お腹が膨れて食べ過ぎを防ぐことができます。さらに、栄養のバランスを整えることができるので、健康的なダイエットをすることができるわけです。

 

ただ、青汁の味が苦手な人も多いと思いますので、飲みにくい場合には牛乳や豆乳で割って飲むようにしてください。味がまろやかになって、飲みやすくなりますよ。青汁は、色々なメーカーから販売されていて味も異なるので、自分に合ったものを見つけて飲むようにしましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク