うどんダイエットの効果とは?

うどんダイエットの効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

うどんは低カロリーな食材なので、ダイエット中に食べると効率よく痩せることができますよ。一般的なうどんは、100gあたり100kcal前後となっています。白米が100gあたり160kcal程度なので、簡単にカロリーを抑えることができます。

 

また、うどんは、炭水化物の含有量が非常に少ないという特徴もあります。炭水化物を摂りすぎると脂肪が溜まる原因となりますから、うどんをメインとした食事メニューにすることで、太るのを避けることができるようになりますよ。

 


スポンサーリンク

 

うどんがダイエットに効果的な理由

 

炭水化物が少ない

 

先述したように、うどんに含まれる炭水化物は非常に少ないです。ちなみに、100gあたりの炭水化物は、21.6gとなっています。白米であれば37.1gなので、かなりの差がありますね。さらに、ソバですら26gですから、相当な低さだということが分かるでしょう。

 

炭水化物を摂りすぎると、体内でインスリンが分泌されて体脂肪が蓄えられてしまいます。ですから、炭水化物を抑えることができるうどんは、ダイエットに効果的だといえるでしょう。

 

 

コシが強い

 

うどんの美味さの秘訣は、コシの強さです。特に、讃岐うどんなどは、歯ごたえがあるので食べやすいですよね。コシが強いということは、噛む回数が自然と増えます。すると、満腹中枢が刺激されるので、少ない量でもお腹いっぱいになることが出来ます。

 

また、コシが強いうどんは、消化スピードが遅くなります。すると、栄養の吸収も遅くなりますから、脂肪が付きにくいわけです。

 

 

うどんダイエットの実践方法

 

3食のうち1食をうどんに置き換える

 

1日の食事のうち、いずれかをうどんにしましょう。それだけでカロリーを抑えられるので、ダイエット効果が期待できるわけです。熱めのうどんをよく噛んで食べるようにすると、満腹感を得やすくなります。

 

しかし、うどんはGI値が高い食品です。つまり、比較的血糖値が上がりやすい食品だと言われているので、夕食に食べると脂肪が付いてしまう可能性があります。なので、活動量の多い朝か昼の日中に、うどんを食べるようにすると良いでしょう。

 

 

具材や薬味を多く入れる

 

うどんだけだと、栄養素が偏ってしまいがちです。なので、具材を入れて色々な栄養素を摂れるように、工夫して食べるようにしてください。おススメなのは、唐辛子ですね。唐辛子にはカプサイシンという成分が含まれていて、脂肪の分解を促進する働きがあります。また、ショウガや海藻類なども、脂肪燃焼効果がありますから入れるようにしてください。

 

他にも、ヒジキやおからなどは、食物繊維が豊富なので腸内を掃除して便秘を解消することができます。このような感じで、色々な具材を入れて栄養価の高い食事を心掛けるようにしてください。

 

ただし、天ぷらや天かすなどの油の多い具材は、控えるようにしましょう。カロリーが大幅に増えてしまいますので。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク