豆乳バナナのダイエット効果とは?

豆乳バナナのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

食前に豆乳バナナを飲むようにすると、栄養補給をすることができて食事の量も減らすことができるため、摂取カロリーを上手く減らすことができるようになります。また、脂肪の燃焼や便秘の解消効果が期待できる成分を摂ることができますから、健康的に痩せることができるわけです。

 

豆乳とは、大豆から絞った汁ですから、タンパク質やイソフラボン、ペプチドなどが豊富に含まれています。また、バナナは、アスリートが試合前に食べるほど、栄養バランスが優れた食材です。なので、これらを組み合わせることで、効率よく栄養が摂れるようになります。

 

ここでは、豆乳バナナのダイエット効果について解説します。

 


スポンサーリンク

 

豆乳バナナがダイエットに効く理由

 

脂肪を燃焼させる

 

豆乳に含まれる大豆たんぱく質は、血中の中性脂肪を低下させる性質があります。また、大豆イソフラボンには、コレステロールの吸収を抑えて肥満を防ぐ働きがあるんです。さらに、大豆ペプチドには、アミノ酸の吸収を促進して脂肪を燃焼させる効果があります。

 

以上のように、脂肪を減らして肥満を防止する成分が多く含まれているので、効果的に痩せることができるというわけです。

 

 

基礎代謝を高める

 

大豆たんぱく質は、基礎代謝を高めて腸内の環境を改善する働きがあります。なので、何もしていない状態でも消費エネルギーを増やすことができ、痩せやすい体質を作ることができるわけです。

 

また、腸内の環境が改善されることで、脂質や糖質の消化効率が高くなります。なので、余った栄養が脂肪に変わるのを防ぐことができ、エネルギーに変えてくれるようになります。

 

 

便秘の解消

 

バナナには、食物繊維が多く含まれていますから、便のかさを増やして便通を良くしてくれるようになります。便通が良くなれば、体内の老廃物も一緒に排泄してくれるので、デトックス効果が高くなって美肌効果や免疫力の向上などが期待できます。

 

 

腹持ちが良い

 

バナナは栄養補給能力が高いので、長時間エネルギーを持続させることができます。なので、空腹を感じにくくなり、間食を防ぐことが可能です。また、豆乳の大豆たんぱく質も、体内でゆっくりと分解されるので、長時間空腹を感じません。

 

日頃から、おやつなどを間食してしまう人は、豆乳バナナを飲むようにすると間食を防げるようになるはずです。

 

 

豆乳バナナダイエットの実践

 

豆乳バナナは、ドリンクとして市販されているものがあります。なので、それを使っても良いですし、自分で手作りしても構いません。これを食前に飲むようにすることで、お腹を満たすことができて食事量を減らすことができるようになります。

 

豆乳バナナの作り方は、豆乳200mlとバナナ1本をミキサーにかけるだけです。お好みで、レモン汁などを加えても良いでしょう。

 

 

ただし、豆乳を飲み過ぎると、イソフラボンの過剰摂取となります。イソフラボンを摂りすぎると、女性ホルモンのバランスが悪くなって月経周期が不規則になってしまいます。イソフラボンの目安量は、1日に70mg前後だと言われています。

 

豆乳200mlで約40mg含まれているので、多くても1日に2杯までにしましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク