豆乳きな粉のダイエット効果とは?

豆乳きな粉のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

食事をすると、どうしても食べ過ぎてしまう人っていますよね。食事制限をしても我慢できない人は、豆乳きな粉を試してみてください。食前に豆乳ときな粉を混ぜて飲むだけで、満腹感を促して少ない食事で満足できるわけです。

 

また、豆乳もきな粉も大豆を原料としているので、タンパク質やカルシウム、食物繊維や大豆イソフラボン、大豆サポニン、大豆レシチン、ビタミンB1・B2などが豊富に含まれています。ダイエットだけでなく健康維持にも使えますから、毎日の生活に取り入れてください。

 


スポンサーリンク

 

豆乳きな粉がダイエットに効く理由

 

基礎代謝を高める

 

大豆ペプチドには、高い疲労回復効果があります。脳や筋肉の疲労を回復してくれるので、常に基礎代謝が高い状態を維持できます。消費エネルギーが増えて脂肪が減っていきますし、免疫力のアップや美肌効果なども期待できるはずです。

 

 

筋肉を減らさない

 

食事制限をすると、体脂肪よりも先に筋肉が分解されてしまいます。筋肉は基礎代謝に関連している組織ですから、筋肉量が減ると代謝が大幅に下がります。すると、太りやすく痩せにくい体質になってしまうわけです。

 

しかし、豆乳きな粉には、筋肉の元になるタンパク質や大豆ペプチドが豊富なので、筋肉の分解を防ぐことで代謝が落ちないようにしてくれます。

 

 

体脂肪を燃焼させる

 

大豆サポニンは、血中の中性脂肪やコレステロールを減らす作用があります。また、体内の脂質を代謝してくれるので、体脂肪を効率よく燃焼させてくれるんです。他にも、血栓を除去して動脈硬化や高血圧の予防にもなります。

 

 

豆乳きな粉ダイエットの実践

 

豆乳200mlにきな粉を適量混ぜて、豆乳きな粉ジュースを作ります。それを食事の30分ほど前に飲みましょう。大豆タンパク質が豊富なので、満腹感を得ることができます。これで、食事量を減らすことができるので、摂取カロリーが減らせるわけです。

 

ただし、豆乳を飲み過ぎると、大豆イソフラボンの過剰摂取となってしまいます。大豆イソフラボンを摂りすぎると、女性ホルモンのバランスを悪くして月経周期が不規則になることがあります。なので、飲み過ぎないようにしましょう。

 

大豆イソフラボンは、1日に70mg程度が摂取の目安と言われています。豆乳きな粉ジュース200mlで、イソフラボンは約50mg含まれています。なので、豆乳きな粉ジュースは、1日に1杯半までにしてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク