杜仲茶のダイエット効果とは?

杜仲茶のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

中国の四川省が原産の杜仲茶は、カリウムやマグネシウム、亜鉛やリンなどのミネラル分が豊富に含まれています。なので、高血圧や動脈硬化、冷え性の改善に高い効果があります。また、コラーゲンの合成を促進するので、美肌効果なども期待できるようです。

 

さらに、脂肪の燃焼やむくみの解消など、ダイエットにも効果があるとされているので、痩せたいと思っている人は積極的に飲むことをおススメします。ここでは、杜仲茶のダイエット効果について解説をしていきます。

 


スポンサーリンク

 

杜仲茶がダイエットに効く理由

 

脂肪を溜めない

 

杜仲茶に含まれるグッタペルカという成分には、余分な脂肪を排泄する効果があります。なので、少し食べ過ぎたとしても太りにくくなるということです。ダイエット時のカロリーコントロールに役に立ちますから、杜仲茶を飲むようにしましょう。

 

 

脂肪を燃やす

 

ゲニポシド酸という成分が含まれていて、血中の中性脂肪やコレステロールを低下させる働きがあります。ですから、皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼させることができ、肥満を解消する効果が期待できます。

 

また、抗酸化作用もありますから、体内の活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素が無くなることで、筋肉や臓器の疲労を回復することができますから、基礎代謝を高めて効率よく脂肪を燃やすことが可能です。

 

 

むくみの解消

 

杜仲茶には、カリウムが豊富に含まれていますから、利尿作用が高くて水分を排出する効果があります。なので、むくみや水太りを解消することができるわけです。さらに、余計な老廃物も一緒に排出してくれるので、美肌効果が期待できます。

 

 

杜仲茶ダイエットの実践

 

日頃から、杜仲茶を飲むようにしましょう。カフェインが含まれていないので、寝る前に飲んでも大丈夫です。ただし、カリウムが多く含まれていますから、心臓の弱い方は不整脈を起こすことがあります。

 

なので、医師にカリウムを控えるように言われている人は、杜仲茶を飲み過ぎないようにしてください。飲むだけで脂肪が燃えやすい環境を作ることができますから、しっかりと毎日続けるようにしましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク