さつまいものダイエット効果とは?

さつまいものダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

サツマイモとは、ヒルガオ科の植物の肥大化した根の部分を指します。食物繊維を多く含み、ビタミンやミネラルなどをバランスよく含んでいます。そして、健康に良い食べ物として注目されていて、血中のコレステロールを低下させたり、高血圧や糖尿病を予防する効果もあるので人気が高いです。

 

さらに、食物繊維が豊富で便秘を解消させることができますし、カリウムが余分な塩分を排出してむくみを防ぐ作用もあります。低カロリーで腹持ちが良いので、ダイエット時に食べることで効率良く摂取カロリーを落とすことができますよ。

 


スポンサーリンク

 

サツマイモがダイエットに効く理由

 

糖分の吸収を抑える

 

ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれており、脂肪の吸収を抑える効果があります。これは、肝臓で酵素(CPT-1)の働きを助けることで、脂肪の燃焼を促す働きがあるからだそうです。肥満予防のサプリメントなどにも使われている成分なので、高い効果が実感できると思います。

 

 

便秘の解消

 

さつまいもには、食物繊維ヤラピンが含まれています。ヤラピンは、胃の粘膜を保護したり、腸の蠕動運動を高める働きがあるんです。そうすることで、便が腸に溜まらないようにして、排便を促す作用があります。

 

さらに、食物繊維が腸内の脂肪やコレステロールを吸着してくれるので、便がスムーズに流れやすくなる効果もあります。なので、食物繊維とヤラピンの相乗効果で、高い便秘解消効果が期待できるでしょう。

 

 

満腹感を得やすい

 

サツマイモの食物繊維は、不溶性なので体の中で消化されません。だから、長時間形を維持することができ、空腹を抑える働きがあります。空腹を感じにくくなりますから、イライラすることがありませんし、ドカ食いを防ぐことも可能です。

 

 

さつまいもダイエットの実践

 

3食のうち、1食をサツマイモ主食のメニューに変えてください。おかずは、好きなものを食べてかまいません。サツマイモは、低カロリーで腹持ちが良いですから、必然的に摂取カロリーを抑えることができるようになるわけです。

 

また、さつまいもは、皮ごと食べるようにしましょう。サツマイモの皮には、アントシアニンが豊富に含まれており、体の免疫力を向上させる働きがあります。他にも、眼精疲労を予防したりと、色々な効能が期待できます。

 

 

注意点としては、よく噛んで食べることですね。さつまいもはお腹の中で膨れますから、しっかりと噛まないと便秘の原因となることがあります。また、炭水化物ですから、多量に食べ過ぎると体脂肪に変わってしまいます。

 

ですから、ほどほどの量を守って、サツマイモを食事に取り入れるようにしましょう。そうすることで、効率良く痩せることができるようになるはずです。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク