すぐき漬け(ラブレ菌)のダイエット効果とは?

すぐき漬け(ラブレ菌)のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

すぐき漬けとは、京都三大漬物の1つで「すぐき」というカブの一種を漬け込んだものです。深い酸味が特徴の漬物ですね。そして、このすぐき漬けには、腸の働きを活発にして下腹をへこませる働きがあります。お腹がポッコリ出てしまった人は、参考にしてください。

 

すぐき漬けには、ラブレ菌と言われる乳酸菌が含まれています。乳酸菌は腸の働きを整えるのに力を発揮しますが、その多くは腸に届くまでに消化されてしまいます。しかし、ラブレ菌は強力なので、生きたまま腸にまで届くことができるんです。

 


スポンサーリンク

 

腸の働きを正常化する

 

人は年を取るごとに、善玉菌が減って悪玉菌が増加していきます。すると、腸の働きが弱まってしまって、粘膜が荒れてしまいます。だから、腸が腫れて下腹がポッコリと出てしまうわけです。しかし、ラブレ菌は、善玉菌を増やして腸内環境を良くしてくれます。

 

腸内環境が良くなれば、腸の腫れも無くなりますし、便秘を解消することもできます。また、代謝が良くなるので、エネルギー消費も活発になって痩せやすくなるんです。すぐき漬けに含まれるラブレ菌には、こういった効果があるわけですね。

 

 

すぐき漬けの効果的な食べ方

 

ラブレ菌の力を発揮するには、毎食時にすぐき漬けを食べるだけです。お漬物なのでご飯に合いますし、苦も無く続けることができるでしょう。1切れ食べるだけで、十分な量を摂取できますから、しっかりと食べるようにしてください。

 

ただ、塩分が多いので食べ過ぎには注意しましょう。塩分を摂りすぎると、むくみの原因となることがあります。なので、適度な量を食べるようにしてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク