酢大豆のダイエット効果とは?

酢大豆のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

酢大豆とは、大豆と黒酢を一緒に漬け込んだものです。大豆と酢の成分を同時に摂ることができるので、健康にもすごく良い食材ですね。また、クエン酸ビタミンB1、マグネシウムなどがダイエットに効果的なので、効率良く痩せることができます。

 

脂肪の燃焼や基礎代謝のアップが期待できますから、毎日食べるようにしましょう。ここでは、酢大豆の作り方から、ダイエット効果までを紹介していきます。

 


スポンサーリンク

 

酢大豆がダイエットに効く理由

 

脂肪の燃焼

 

黒酢に含まれるクエン酸が、糖分や脂肪を燃やすことができます。さらに、黒酢のアミノ酸がクエン酸と合わさることで、高い脂肪燃焼効果を実現できるようにもなります。他にも、肥満の原因となる悪玉コレステロールを分解することもできるので、高いダイエット効果が期待できるでしょう。

 

また、大豆にもビタミンB1が含まれているので、糖分の代謝を促す働きがあります。なので、運動の前に酢大豆を食べるようにすると、より効率良く脂肪を燃やすことができるようになるはずです。

 

 

便秘の解消

 

黒酢によって、大腸の働きが活発になります。なので、腸の蠕動運動が良くなって、溜まった便を押し出してくれるわけです。便通が良くなれば臓器の動きも活性化するので、エネルギーの消費効率が高くなって、脂肪が溜まりにくい体になります。

 

ただし、黒酢を飲み過ぎると下痢になることがあるので、適度な量に留めるようにしましょう。

 

 

基礎代謝のアップ

 

大豆に含まれるマグネシウムには、基礎代謝をアップさせる働きがあります。マグネシウムは、骨や歯、筋肉などの組織を作るのに欠かせない栄養素です。また、体内で生成することができないものですから、しっかりと食事から摂取しないといけません。

 

 

酢大豆ダイエットの実践

 

酢大豆は、家庭でも簡単に作ることができます。また、作り置きすることができるので、まとめて作って冷蔵庫に入れておきましょう。毎日の食後に、5〜10粒食べることで脂肪を燃やしやすい状態を作ることができます。

 

■酢大豆の作り方

  1. 生大豆200gをフライパンで軽く煎る
  2. 大豆を容器に移して、黒酢を700ml注いで蓋をする
  3. 4〜5日ほど放置して完成

 

酢大豆を食べるだけでは痩せませんから、バランスの取れた食事と適度な運動をすることを忘れないでください。毎日続けることで、少しずつ成果が見えてくるはずです。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク