おからのダイエット効果とは?

おからのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

おからとは、豆腐を作るときに大豆から豆乳を絞った後に残ったものです。大豆なので栄養価が非常に高くて低カロリーです。なので、食事に取り入れれば痩せることができますよ。食物繊維が多いので、少ない量で満腹感を得られることが特徴です。

 

おからに含まれる栄養素はすごく豊富で、食物繊維やタンパク質、イソフラボンやサポニン、レシチンなどといったものがあります。これらは、ダイエットや美容に欠かせない栄養なので、美しく痩せたい人は積極的に利用しましょう。

 


スポンサーリンク

 

おからがダイエットに効く理由

 

便秘を解消できる

 

おからに含まれる食物繊維が、便の量を増やして自然に排せつできるようになります。また、腸内の善玉菌を増やす作用もあるので、腸が活発に動いて代謝が良くなりますよ。さらに、腸内の老廃物が無くなることで、美肌効果なども期待できます。

 

 

少ない量でもお腹がいっぱいになる

 

食物繊維は水分を含んで膨らむので、少ない量でも満腹感が得られます。空腹を我慢するダイエットはストレスが溜まるだけですし、ほとんどの人が途中で挫折してしまいます。でも、おからを使えば、お腹いっぱい食べても低カロリーなので、無理せずに痩せることが可能です。

 

 

基礎代謝がアップ

 

大豆たんぱく質は、余分な中性脂肪やコレステロールの吸収を抑える働きがあります。そして、脂肪の燃焼効果もありますから、皮下脂肪や内臓脂肪を効率良く落とすことができます。さらに、筋肉量を増やして基礎代謝を高める働きもあるので、太りにくく痩せやすい体質を作るのに効果的です。

 

 

脂肪の代謝を促す

 

おからに含まれるレシチンは、代謝を上げて無駄な脂肪を落とす効果があります。また、コレステロールを低下させる働きもあるので、動脈硬化などを防ぐこともできます。さらに、イソフラボンやサポニンによって中性脂肪も低下しますから、高い脂肪燃焼効果が期待できるわけです。

 

 

おからダイエットの実践

 

3食のうち1食を、おから中心のメニューに変えましょう。色々な料理に混ぜることで、量を増やすことができます。ハンバーグやコロッケ、オムレツなどに入れれば、ボリュームを増すことができるので、食事量を減らさずにカロリーを落とすことができます。

 

ただ、おからの量は、1日50g程度を目安にしてください。それ以上だと、食物繊維の過剰摂取となるので、お腹を壊して下痢になってしまうことがあります。そうすると、ミネラルなどの栄養まで流れてしまうために、ミネラル欠乏症を起こすかもしれません。

 

やりすぎは禁物なので、適度な量を守ってダイエットに取り組むようにしましょう。おからを上手く使って、低カロリーな食事を心掛けてみてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク