炭酸水のダイエット効果とは?

炭酸水のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

水に炭酸ガスを加えた炭酸水には、色々な効能があるので人気が高まっています。お酒に割って飲むのが一般的な使い方ですが、炭酸水をそのまま飲むと健康に良いんです。たとえば、乳酸を排出することによる疲労回復効果や抗菌作用による美肌効果が期待できます。

 

さらに、基礎代謝を上げることや便秘の解消など、ダイエットにも良い効果があるわけです。普段の飲料水を炭酸水に変えることで、効率よく痩せることができますから試してみてください。ここでは、炭酸水のダイエット効果について紹介します。

 


スポンサーリンク

 

炭酸水がダイエットに効く理由

 

基礎代謝のアップ

 

炭酸水を飲むと、血管内に二酸化炭素が入って血流が改善されます。そうすると、全身の臓器が活発に動くようになるので、基礎代謝が高くなって消費エネルギーを高くすることができるわけです。また、血行が良くなることで、冷え性の予防にもなります。

 

 

便秘の解消

 

炭酸水によって血流が改善されると、胃や腸の蠕動運動が促進されます。なので、溜まった便を押し出すことができ、便通を良くすることができます。また、余分な老廃物も一緒に出すことができますので、デトックス効果によって美肌効果が期待できるはずです。

 

 

空腹を和らげる

 

炭酸水を飲むことで、炭酸で胃が膨らむので空腹を和らげることができます。食前に飲めば、食事量を減らすことができますし、小腹が空いたときに飲めば、間食を防止することができるわけです。摂取カロリーを減らすことができるので、効率よく痩せることができるでしょう。

 

 

炭酸水ダイエットの実践

 

炭酸水を飲むおススメの時間は、運動後です。運動をすると疲労物質である水素イオンが、体内に溜まってしまいます。しかし、炭酸水を飲むと、水素イオンを中和してくれるので疲労回復効果があるわけです。

 

疲労が溜まると代謝が悪くなりますが、炭酸水を飲むことで常に代謝が高い状態を維持することができます。

 

 

また、食事中に飲むことで、食欲のバランスを整える働きがあります。食欲不振の場合には、食欲を増進してくれますし、食べ過ぎの場合には、それを抑える働きをします。なので、摂取カロリーのバランスを維持するためにも、かなり効果的だといえますね。

 

炭酸水の作り方は、重曹(小さじ1/2)とクエン酸(小さじ1/2)を、水(200ml)で割るだけです。市販のものを飲んでも良いですが、自分で作った方が経済的です。毎日続けることができるように、自分で作った方が良いでしょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク