雪茶(スノーティー)のダイエット効果とは?

雪茶(スノーティー)のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

雪茶とは、ヒマラヤ地方のチベットに分布する、ムシゴケから作ったお茶です。雪の上で育つために、雪茶と呼ばれています。豊富なビタミンやミネラルなどが含まれていて、高脂血症や高血圧、糖尿病の予防などの効果があります。

 

また、脂肪を分解したり、食べ過ぎを防止する効果もありますから、ダイエットに有効なお茶だといえますね。ここでは、雪茶のダイエット効果について解説をします。痩せたいと思っている人は、参考にしてください。

 


スポンサーリンク

 

雪茶がダイエットに効く理由

 

脂肪を分解する

 

雪茶に含まれるアミノ酸は、脂肪分解酵素のリパーゼを活発にする働きがあります。なので、体内の脂肪をエネルギーに変換して、効率よく燃やしてくれるというわけです。また、雪茶素という成分にも、脂肪やコレステロールを分解する作用があります。

 

だから、アミノ酸と雪茶素の相乗効果となりますので、70%の高い脂肪分解率が実現できます。非常に痩せやすいお茶だと言えるでしょう。

 

 

食べ過ぎを防ぐ

 

雪茶に含まれる成分には、ストレスを防いでリラックス出来る効果があります。なので、空腹時のイライラを軽減して、食べ過ぎを防ぐことが可能です。ダイエットによるストレスを感じやすい人は、雪茶を飲めば軽減できるかもしれません。

 

 

雪茶ダイエットの実践

 

食事や運動の前に、雪茶を飲むようにしましょう。冷たいものよりも、温めた方が成分の吸収率が高くなるので、温かくして飲んでみてください。また、雪茶を飲むときには、運動を取り入れた方が痩せやすくなります。

 

脂肪分解酵素のリパーゼによって、脂肪がエネルギーに変換されますが、運動をした方がエネルギーの消費が大きくなるからです。なので、ジョギングなどの有酸素運動を適度に行ってください。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク