シモン茶のダイエット効果とは?

シモン茶のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

シモン茶とは、シモン芋というサツマイモの一種の葉から作られるお茶のことです。食物繊維やポリフェノール、ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。なんと、サツマイモと比較しても、カルシウムは5倍、カリウムは2倍、ビタミンCは3杯も含まれているんです。

 

なので、糖尿症や動脈硬化の予防、アンチエイジングなどに効果があります。また、脂肪の分解や便秘の解消など、ダイエットに効く作用もあるので痩せたい人におススメです。ここでは、シモン茶のダイエット効果について解説します。

 


スポンサーリンク

 

シモン茶がダイエットに効く理由

 

脂肪を分解させる

 

シモン茶に含まれるレシチンには、中性脂肪を分解する働きがあります。なので、メタボリックシンドロームや肥満を解消することができるわけです。シモン茶には、卵の4倍のレシチンが含まれているので、体脂肪の燃焼効率はかなり高いといえますね。

 

 

血糖値を下げる

 

シモン茶には、血中の血糖値やコレステロール値を下げる効果があります。血糖値が上昇すると、インスリンの分泌が多くなって体脂肪を合成してしまいます。しかし、シモン茶を飲むことで血糖値を下げることができるので、インスリンを減少させて体脂肪が付くのを抑えることが可能です。

 

 

便秘を解消させる

 

シモン茶には、きな粉の3倍以上の食物繊維が含まれています。なので、腸内に溜まった便を押し出す働きがあって、便通を改善させることができます。また、ヤラピンという成分には、腸の動きを活発にする効果がありますから、便秘の解消につながります。

 

なので、食物繊維とヤラピンの2つの効果で、便秘を解消できるわけです。さらに、便通が良くなることで老廃物も排泄できますから、免疫力のアップやアンチエイジングなどにも効果的です。

 

 

シモン茶ダイエットの実践

 

食事中や起床後などに、シモン茶を飲むようにしましょう。それだけで、余計な脂肪をエネルギーに変えやすくなります。ただし、胃腸が弱い人だと、お腹を壊しやすくなるので飲み過ぎには注意してください。

 

また、運動をする前にシモン茶を飲むことで、脂肪の燃焼効果を高めることができます。お茶を飲むだけで、劇的に痩せるのは難しいですから、バランスの取れた食事と運動を心掛けるようにしましょう。そうすれば、おのずと結果は出てくるはずです。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク