海藻のダイエット効果とは?

海藻のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

海藻は、低カロリーで栄養価が高いので、ダイエット食として人気です。食物繊維が豊富なので、少ない食事でもかさを増して満腹になりやすくなります。また、炭水化物や脂質の吸収を抑えることができるので、体脂肪が付きにくい体になることもできます。

 

特に、ミネラル類は不足しがちな栄養素ですから、海藻をきちんと食べて補給することができるようにしてください。高血圧や動脈硬化、疲労間の回復などに繋がります。健康を維持するためにも、海藻類は欠かせない食材ですね。

 


スポンサーリンク

 

海藻がダイエットに効く理由

 

便秘の解消

 

海藻に含まれる食物繊維は、腸内の老廃物を吸着して排泄してくれる働きがあります。そして、便のかさが増すので、排便がスムーズになって便秘の解消につながるというわけです。また、体の中で膨らむ性質があるので、満腹になりやすいというメリットもあります。

 

 

脂質の吸収を抑える

 

フコイダンやアルギン酸という成分が、脂質の吸収を抑えて体外に排出させてくれます。海藻の表面のネバネバした成分がフコイダンやアルギン酸です。ガゴメ昆布やモズク、メカブなどに多く含まれています。

 

また、血糖値を下げたり、抗がん作用などもあるとされています。免疫力を高めるためにも、かなりの効果を発揮する栄養素ですね。

 

 

脂肪の燃焼を促進する

 

フコキサンチンという成分は、脂肪をエネルギーに変えて燃焼を促す性質があります。わかめや昆布などに多く含まれていますから、味噌汁などにして食べると良いでしょう。水溶性なので、昆布ダシなどにも溶けだしています。

 

 

褐色脂肪細胞の活性化

 

褐色脂肪細胞とは、体温を上げて脂肪を燃焼させてくれる細胞のことです。そして、海藻に含まれるDHA・EPAという成分は、褐色脂肪細胞を活性化してくれる働きがあります。海藻の身に詰まっている成分ですから、よく噛んで食べることで効果を発揮してくれます。

 

 

海藻ダイエットの実践

 

食事のおかずに、海藻を取り入れたメニューを追加しましょう。わかめやヒジキ、昆布など、使いやすい食材はたくさんあります。サラダなどにすると、大量の海藻を食べることができますよ。

 

また、海藻の成分は水溶性のものが多いので、スープやみそ汁にしても十分な効果があります。海藻のエキスが染み出したスープなどを飲めば、体を温めることができますし脂肪燃焼効果も期待できるでしょう。

 

ただし、海藻だけでは一日に必要な栄養を摂ることができませんから、肉や野菜などを取り入れて食事のバランスを整えるようにしてください。そうすることで、基礎代謝を高めて健康的に痩せることができるはずです。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク