プルーンのダイエット効果とは?

プルーンのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

プルーンは、スモモの一種の果実です。ビタミンやミネラルを多く含む食材なので、昔から健康食品として食べられてきました。その歴史は古くて、石器時代から食べられていたようです。滋養強壮や胃もたれ、肩こりや更年期障害など、色々な症状に効く食材です。

 

さらに、血液をサラサラにして基礎代謝を高めたり、便秘を解消したりと、ダイエットに効果的な作用もあります。なので、痩せたいと思っている人には、おススメの食材だといえますね。ここでは、プルーンのダイエット効果について解説します。

 


スポンサーリンク

 

プルーンがダイエットに効く理由

 

基礎代謝のアップ

 

プルーンに含まれるカロテンやビタミンEには、強い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、筋肉や臓器の疲労の元になる活性酸素を除去する働きのことです。活性酸素が無くなることで、体のエネルギー消費が効率良く行われますから、基礎代謝を高めることができます。

 

また、鉄分も含まれているので、血液をサラサラにすることができ、臓器の活動を活発にして代謝アップに効果的に働きます。

 

 

便秘の解消

 

プルーンには、ペクチンと呼ばれる水溶性食物繊維が含まれています。なので、腸内の便をスムーズに排出することができ、便秘の解消に効果があります。また、水溶性食物繊維は、血糖値の上昇を抑える働きもあるので、インスリンの分泌を防いで脂肪が付きにくくする効果もあるんです。

 

 

プルーンダイエットの実践

 

ちょっと小腹が空いたときや朝食などに、プルーンを食べるようにしましょう。おやつなどをプルーンに置き換えることで、大幅にカロリーを減らすことができるようになります。また、基礎代謝を高めることができるので、痩せやすい体質を作ることが可能です。

 

さらに、食前にプルーンを食べることで、血糖値の急激な上昇を抑えることになるので、インスリンによる体脂肪の合成を防ぐことができます。なので、日常的にプルーンを食べることで、効果的に痩せることができるということですね。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク