柿酢のダイエット効果とは?

柿酢のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

柿酢は、柿を発酵させて作った酢のことです。必須アミノ酸やミネラル、ポリフェノールなどを豊富に含んでいます。特に、カリウムが豊富で、黒酢の3倍、米酢の10倍以上含まれているようです。なので、体内の余分な塩分を排出することができ、血液をサラサラにして血行を促進することができます。

 

また、高血圧や二日酔いを予防したり、疲労回復などにも有効です。さらに、基礎代謝を高めたり、脂肪を分解したりなど、ダイエットに効果的な作用もあるんです。ここでは、柿酢のダイエット効果について解説をします。

 


スポンサーリンク

 

柿酢がダイエットに効く理由

 

基礎代謝のアップ

 

酢に含まれる酢酸は、体内でクエン酸に変わります。そして、クエン酸は、クエン酸回路(TCA回路)を活性化することができるので、エネルギーの消費効率を高めることが可能です。なので、基礎代謝を高めて痩せやすい体質になることができます。

 

また、タンニンなどのポリフェノールも含まれていて、抗酸化作用により体内の活性酸素を除去する作用があります。活性酸素は疲労の元となる物質で、それが無くなることで脳や筋肉が活発に動けるようになり、基礎代謝のアップにつながります。

 

 

脂肪を分解させる

 

柿酢には、必須アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン)などが豊富に含まれています。必須アミノ酸は、脂肪分解酵素のリパーゼを活発にする効果があるので、体内の脂肪をエネルギーに変換しやすくします。

 

なので、有酸素運動などの前に柿酢を飲めば、効率よく体脂肪が燃やせるはずです。

 

 

むくみの解消

 

カリウムが豊富に含まれているので、強い利尿作用を促すことができます。なので、体内の余分な水分を排出することができ、むくみや水太りを解消することが可能です。また、老廃物なども一緒に出すことができるので、疲労回復や老化防止に役立ちます。

 

 

柿酢ダイエットの実践

 

柿酢を、1日に30〜40ml飲むようにしましょう。そうすることで、脂肪が燃えやすい状態を作ることができます。食事や運動の前に飲めば、より効果的です。

 

■柿酢の作り方
【材料】
柿:1個
酢:200〜300ml

 

  1. 柿のヘタと種を取って、細かく切る。
  2. 容器に柿を入れて、酢を注ぐ。
  3. 常温で1日寝かせれば完成。

 

柿酢を飲むときには、水や炭酸水で10倍程度に薄めてください。また、料理に混ぜたりしても良いでしょう。空腹時に酢を飲むと胃が荒れるので、気を付けてくださいね。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク