おろし納豆のダイエット効果とは?

おろし納豆のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

納豆は「畑の肉」と言われるほど、タンパク質の多い食品です。他の栄養価も非常に高くて、アンチエイジングや肌荒れ、血栓予防や便秘の解消など、色々な効果が期待できます。独特の臭いがあるので嫌う人が多いですが、食べる価値はあります。

 

さらに、大根おろしを加えることで、サッパリ食べることができますし、食物繊維が増強されて満腹感を得やすくなるわけです。ダイエットをする際に、非常に効果を発揮することができますから、ぜひ実践してみてください。

 


スポンサーリンク

 

おろし納豆がダイエットに効く理由

 

満腹感を得やすい

 

納豆と大根おろしに含まれる食物繊維は、お腹の中で膨らむ性質があります。なので、食前に食べることで、満腹感を得やすくなります。全体の食事量を減らすことができますから、摂取カロリーが減って痩せることが可能です。

 

食事の間隔が空きすぎると、ドカ食いをする可能性が高くなります。だから、小腹が空いたときに、間食としておろし納豆を食べることもおススメです。腹持ちが非常に良いですから、お腹が空きすぎずドカ食いしなくて済みます。

 

 

便秘の解消

 

食物繊維が豊富なために、余分な脂肪やコレステロールを吸着して排出してくれます。そうすることで、腸の働きが活発になって排便が楽になります。また、ポリグルタミン酸という成分が、食物繊維と一緒に作用して便が溜まるのを防ぐ働きもありますよ。

 

 

脂肪の燃焼を促す

 

大豆タンパクは、甲状腺ホルモンの活性を高める性質があります。甲状腺ホルモンとは、余計な脂肪が溜まるのを防ぐ性質があるホルモンです。これが活発に働くことによって、脂肪が溜まりにくくなります。

 

また、大豆サポニンという成分が、消化酵素の働きを助けて脂肪の燃焼を促してくれます。食べるだけで脂肪が燃えてくれるわけですから、忙しい方におススメですね。

 

基礎代謝を高める

 

納豆には、ビタミンB群やビタミンE、鉄分が豊富なので、エネルギーの消費効率を上げて基礎代謝を高める働きがあります。基礎代謝を高めることは、痩せやすく太りにくい体を作るために必須です。なので、しっかりと効率よくダイエットするために、覚えておいてください。

 

 

おろし納豆ダイエットの実践

 

おろし納豆の作り方は、納豆1パックにタレを入れてかき混ぜた後、同量程度の大根おろしを入れます。そして、出来るだけすぐに食べるようにしましょう。大根おろしは、時間が経つと酸化されてしまって効果が半減してしまいます。

 

だから、作ってすぐに食べるようにしてください。また、ポン酢やカボスなどを加えると、サッパリして美味しく食べることができます。おろし納豆の効果はかなり高いので、ぜひやってみることをおススメします。

 

毎日、食事の20分ほど前に食べれば、効果を実感できると思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク