おでんのダイエット効果とは?

おでんのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ダイエット中には、食べられるものが限られますし、脂身が少なくて味気ないものしか食べられません。だから、ストレスを感じてしまいがちですよね。また、ストレスが溜まりすぎてしまうと、ドカ食いに繋がるので、結局ダイエットに失敗してしまうわけです。

 

そんなときには、おでんを食べてみてください。おでんには、豊富な具材があって飽きることがありませんし、意外と低カロリーなので太りにくい料理なんです。ダイエットに活用すれば、効率よく痩せることができますから、ぜひ取り入れてみましょう。

 


スポンサーリンク

 

おでんがダイエットに効く理由

 

低カロリー

 

おでんの具材はヘルシーなものばかりなので、すごく低カロリーなんです。たとえば、白滝やこんにゃくなどは、10kcal程度しかありませんし、大根も約15kcal程度です。ちくわやジャガイモなどでも、50〜60kcalほどしかないので、そこそこ食べたとしてもカロリーオーバーになりません。

 

色々な種類の具材を楽しむことができるので、飽きることなく続けることができるはずです。

 

 

代謝がアップする

 

おでんを食べることで、体を温めることができます。なので、血行が良くなって、全身の臓器が活発に動いて代謝が上がっていきます。体温が1度上がると、基礎代謝は15%ほど上昇すると言われていますから、それだけ痩せやすくなるわけです。

 

日常の行動の中で脂肪が燃えていきますから、太りにくく痩せやすい体質になることができます。

 

 

便秘の解消

 

おでんに入っているコンニャクや白滝などには、食物繊維が豊富に入っています。なので、腸内の老廃物を吸着して、一緒に排出してくれます。また、腸の働きも活発になりますから、基礎代謝を上げることもサポートしてくれるわけです。

 

さらに、おでんは水分量が多いために、簡単にお腹が膨れます。なので、満腹感を得やすい料理だと言えるわけです。水分補給も、便秘解消のために大切なので、おでんを食べることでちゃんと補給することができます。

 

 

おでんダイエットの実践

 

3食のうち1食を、おでんに変えてみましょう。その時に、ご飯などの主食は食べないようにします。それだけで、低カロリーな食事となりますから、カロリーコントロールをするには最適だといえますね。

 

上手く痩せるコツとしては、コンニャクや白滝、昆布や大根などの低カロリーな具材をメインに食べることです。厚揚げや巾着などはカロリーが多いので、あまり食べ過ぎないようにしてください。

 

また、おでんの汁には塩分が、多量に含まれています。塩分を摂りすぎると、むくみの原因となるので、汁も飲み過ぎないようにしましょう。なので、大根なども汁がしみ過ぎていないモノを選ぶようにしてください。

 

 

あとは、野菜ですね。おでん以外にもサラダなどを用意して、そこからビタミン類を摂取するようにしてください。そうすれば、栄養バランスが良くなって代謝を促進することが可能です。

 

おでんだけで低カロリーにするのではなくて、全体のバランスを考えて食事をするようにしてください。そうすれば、上手く痩せることができるはずです。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク