納豆キムチのダイエット効果とは?

納豆キムチのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

納豆が苦手な人って、結構多いですよね。独特な匂いや食感などを嫌う人が、多いように感じます。でも、納豆にはサポニンという成分が含まれていて、これが脂肪燃焼に効果的なんです。さらに、キムチと合わせることで、その効果が何倍にもなるので試してみてください。

 

まず、納豆は「畑の肉」と言われるほどタンパク質が豊富で、筋肉量を増やして脂肪燃焼を促す作用があります。また、血栓疾患や脳梗塞などを予防したり、血圧を下げたり、腸の働きを活発にしたりと、色々な効果があるんです。

 

一方、キムチには、カプサイシンと言われる唐辛子の成分が入っています。これによって、脂肪燃焼を促進したり、代謝を高めたりすることができます。

 


スポンサーリンク

 

納豆キムチで痩せる理由とは?

 

大豆サポニンの働き

 

納豆には、大豆に含まれるサポニンという成分があります。サポニンは、消化酵素の働きを助けたり、腸の働きを活発にしたりして、脂肪の吸収を抑える働きがあります。また、血液をサラサラにして代謝を促進する作用もあるので、脂肪が燃えやすい体になります。

 

 

カプサイシンの働き

 

キムチに含まれるカプサイシンには、アドレナリンを分泌させて発汗を促す作用があります。これによって、血行が良くなって脂肪が燃えやすくなるんです。また、体温も上昇しやすくなるので、基礎代謝がアップして体脂肪をエネルギーに変えてくれます。

 

 

キムチ+納豆の相乗効果

 

キムチと納豆は、同じ発酵食品です。なので、相性が抜群に良くて、高い相乗効果を発揮します。それぞれの脂肪燃焼効果が、お互いに補完し合って多くの脂肪を燃やしてくれます。さらに、キムチに含まれる乳酸菌が活きたまま腸に届くようになるので、腸の働きを正常にして余計な脂肪を吸収しないようになるわけです。

 

 

納豆キムチダイエットの実践

 

実践方法は非常に簡単で、納豆キムチを食事に取り入れるだけです。1日1パックの納豆に、キムチを加えるだけで十分な効果が期待できます。普通の食事に納豆キムチを入れるだけで、脂肪が燃えやすくなるので誰でも簡単に出来るはずです。

 

また、夕食時に食べることで、より高い効果が得られるようになります。寝ている間に成長ホルモンが分泌されますが、納豆のアルギニンという成分が成長ホルモンの働きを助けてくれるんです。

 

なので、肌に潤いを与えたり、アンチエイジング効果が期待できるなど、メリットがかなり多くなります。当然、すぐに劇的に痩せることはありませんが、数か月継続すれば効果が実感できるでしょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク