キノコのダイエット効果とは?

キノコのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

キノコは、90%が水分で構成されていて、食物繊維が多いのが特徴です。そして、炭水化物や脂質が少ないですから、非常に低カロリーな食材となります。なので、ダイエット食としては、かなり利用価値が高いですね。

 

 

また、含まれる食物繊維は不溶性なので、水に溶けず腸内をキレイに掃除してくれます。体に良くない成分を排出してくれますから、大腸がんなどの防止にも役立つんです。

 


スポンサーリンク

 

キノコが痩せる理由

 

ビタミンB群が代謝を活発にする

 

キノコには、ビタミンB群が豊富に含まれていますから、糖質や脂質の代謝をサポートしてくれます。これによって、エネルギー消費がしやすくなるので、太りにくい体質になれます。少しくらい食べ過ぎても、エネルギーに変えてくれるはずです。

 

 

キノコキトサンが脂肪の吸収を抑える

 

キノコには、「キノコキトサン」という成分が含まれていて、脂肪の吸収を抑える働きがあります。また、体脂肪を燃焼させる効果もありますから、圧倒的に痩せやすくなります。他にも、血糖値を下げたり、コレステロール値を下げるなど色々な効果がありますよ。

 

 

腸内環境を整える

 

水に溶けない食物繊維が豊富に含まれていて、腸内の老廃物を排泄するのに役立ちます。便秘の改善にもつながるので、お腹が軽くなるでしょう。また、食物繊維は水を吸って膨らむので、空腹を感じにくくなるというメリットもあります。

 

 

夜キノコダイエットで効果的に痩せる!

 

夜キノコダイエットとは、夜にキノコを200g食べるというダイエット法です。いつもの夕食に、きのこを加えてみましょう。低カロリーで栄養価が高いですから、多めに食べても太りにくいと言われています。キノコ自体に脂肪を燃やす成分が含まれているので、効率よく痩せることができます。

 

ただ、キノコには、炭水化物や脂質が少ないので、他の食事から補えるようにしましょう。キノコだけに偏ってしまうと、かえって太りやすくなるので注意が必要です。なので、色々な食材を組み合わせた夕食にすることが大切ですね。

 

 

たとえば、炭水化物を補うためにご飯は必要ですし、脂質を摂るために鶏肉や豚肉などを食べるようにしましょう。栄養バランスを考えた食事にすることが、ダイエットを成功させるための秘訣ですよ。

 

また、キノコに含まれるビタミンDには、カルシウムの吸収を促進する働きがあります。なので、カルシウムの多い魚介類や乳製品を一緒に食べるようにしましょう。他にも、キノコにはビタミンCが不足しているので、ピーマンやパセリ、レモンなどで補うことを忘れてはいけません。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク