ジュアール茶のダイエット効果とは?

ジュアール茶のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ジュアール茶とは、アフリカ原産のハーブを使ったお茶です。カフェインやカルシウム、カテキンやポリフェノールなど、抗酸化力の強い成分が豊富なので、アンチエイジングやデトックスに効果的なお茶だと言われています。

 

血糖値を下げて糖尿病を予防したり、美肌効果が期待できたりと、色々な効果があります。また、脂肪の燃焼や基礎代謝のアップなど、ダイエットに効果的に作用することもありますから、痩せたい人は定期的に飲むようにしましょう。

 

ここでは、ジュアール茶のダイエット効果について解説します。

 


スポンサーリンク

 

ジュアール茶がダイエットに効く理由

 

基礎代謝のアップ

 

ジュアール茶には、カテキンやポリフェノールなどが豊富なので、抗酸化作用が期待できます。しかも、抗酸化作用の強さを示す「SOD様作用」(活性酸素除去作用)の数値が緑茶の50倍、ウーロン茶の30倍と、かなり高い水準なんです。

 

活性酸素は、脳や筋肉の疲労の元になる物質なので、これを除去することで体を活発に働かせることができ、基礎代謝を向上させて消費エネルギーを増やすことができます。また、ダイエット後のリバウンドを防ぐことにもなるので、非常に大切です。

 

 

血糖値の上昇を抑える

 

ジュアール茶に含まれるカテキンには、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。食事をすると、糖分によって血糖値が急上昇しますが、そうするとインスリンが多量に分泌されるようになって、体脂肪を合成してしまいます。

 

しかし、カテキンによって血糖値の上昇を抑えることで、インスリンの分泌を抑えることができますから、体脂肪が付きにくくなるわけです。

 

 

脂肪を燃焼させる

 

ジュアール茶のカフェインには、貢献神経を刺激してノルアドレナリンを分泌させる働きがあります。ノルアドレナリンは、身体に溜まった脂肪分をエネルギーに変える働きがあるので、体脂肪を効率よく燃やすことができるわけです。

 

なので、運動の前にジュアール茶を飲むことで、脂肪が燃えやすい状態を作ることができます。

 

 

ジュアール茶ダイエットの実践

 

普段の飲料水を、ジュアール茶に変えてみましょう。食事や運動の前や食事中に飲むことをおススメします。ただし、カフェインが含まれているので、飲み過ぎると不眠症や不整脈などの原因となることがあります。

 

目安としては、1日にコップ4〜5杯程度です。ですから、分量を守って飲むようにしてください。毎日続けていることで、自然と体重が減っていくはずです。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク