ハチミツのダイエット効果とは?

ハチミツのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ハチミツは、ミツバチが花から蜜を集めて貯蔵したもので、自然界で最も甘い蜜だと言われています。しかも、砂糖の1.5倍の甘さなのに、砂糖の3/4のカロリーしかありません。また、保湿や消炎作用があるので、美容効果にも優れている万能食材です。

 

さらに、脂肪燃焼や便秘の解消など、ダイエット時に食べることで、体重が落ちるのをサポートすることができます。日常的にハチミツを食べれば、自然と体質も変わっていくでしょう。ここでは、ハチミツのダイエット効果を紹介します。

 


スポンサーリンク

 

ハチミツがダイエットに効く理由

 

脂肪を燃焼させる

 

寝る1時間前にハチミツを食べると、脂肪を燃焼させる効果があります。これは、肝臓に糖質が蓄えられることで、寝ている間に成長ホルモンの分泌が促進されるからです。また、成長ホルモンは、血中のコレステロール値を下げる働きもありますから、動脈硬化や心筋梗塞を予防することもできます。

 

 

食べ過ぎを防ぐ

 

ハチミツには、トリプトファンというアミノ酸の一種も含まれています。トリプトファンは、セロトニンを増やす働きがあり、ストレスを軽減する効果があります。なので、ダイエット時のストレスが減ることで、ドカ食いなどを防ぐことが可能です。

 

 

便秘の解消

 

ハチミツに含まれるグルコン酸には、腸内の善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)などを増やす効果があります。なので、腸内環境を活性化することができ、蠕動運動を高めて便通を良くすることができます。

 

また、体内の老廃物や不要物も排出できますので、腸の消化能力を高めて脂肪が蓄積されにくい状態を作ることが可能です。

 

 

ハチミツダイエットの実践

 

1日に、大さじ3〜4杯のハチミツを食べるようにしてください。特に、寝る前に食べることを忘れないようにしましょう。ただし、ビタミンやミネラルなどの栄養価が非常に高い食材ですが、糖質なので食べ過ぎには気を付けてくださいね。

 

また、ハチミツだけで痩せようとすると無理がありますから、適度な運動とバランスの取れた食事を摂ることは大切です。正しい生活習慣にハチミツを組み合わせて、ダイエットに取り組むようにしてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク