緑茶のダイエット効果とは?

緑茶のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

緑茶は、日本で古くから飲まれていますよね。日本人であれば、飲んだことが無い人はいないでしょう。それほどメジャーな緑茶ですが、色々な効能があることが分かっています。たとえば、心臓病のリスクを抑えたり、ウイルスを撃退して免疫力をアップさせたり、糖尿病を予防したりと、色々な健康上のメリットがあるわけです。

 

さらに、脂肪の燃焼や基礎代謝のアップなど、ダイエットに効果的に働くことも言われているので、痩せたい人は緑茶を飲むようにしましょう。健康的に痩せるためには、最適な飲み物だといえます。

 

ここでは、緑茶のダイエット効果について紹介します。

 


スポンサーリンク

 

緑茶がダイエットに効く理由

 

脂肪が付きにくくなる

 

緑茶に含まれるカテキンには、糖質の分解を遅くする働きがあります。これにより、消化速度が遅くなりますから、エネルギーが余りにくくなり体脂肪に変わるのを防ぐことができます。また、腹持ちも良くなりますので、無駄な間食をしなくて済むわけです。

 

さらに、テアニンという成分がリラックス効果をもたらすので、ストレスによる暴飲暴食を防ぐことができます。なので、過度な食べ過ぎを防いで太りにくい環境を作ることができます。

 

 

脂肪を燃焼させる

 

緑茶には、カテキンと呼ばれるポリフェノールの一種が含まれています。このカテキンには、脂肪の燃焼を促進する働きがあるので、余計な脂肪を燃やすことが可能です。なので、日常帝に緑茶を飲むようにすれば、痩せやすい体質になれます。

 

さらに、カフェインも含まれているので、褐色脂肪細胞が活発になり体脂肪が分解される効果もあるんです。ですから、カテキンとカフェインの相乗効果で、より効率よく脂肪を燃やすことができます。

 

 

基礎代謝のアップ

 

緑茶を飲むと、交感神経が活発になるので、基礎代謝を高めることができます。日常生活をしているだけでも、エネルギーを消費しやすくなりますから、効果的に痩せることができるわけです。

 

 

緑茶ダイエットの実践

 

日常の飲料水を、緑茶に変えてみましょう。毎日継続して飲むようにすれば、緑茶の成分によって痩せやすくなるはずです。特に、運動の前に飲むことで、脂肪の燃焼効率を高めることができます。さらに、食前に飲めば、血糖値が上がりにくくなって、体脂肪が付きにくくなります。

 

また、緑茶の成分は、熱湯よりもぬるめのお湯の方が多く溶けだします。ですから、ぬるめのお湯で緑茶を作るようにしましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク