青リンゴのダイエット効果とは?

青リンゴのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

『1日1個のリンゴは、医者いらず』と昔から言われている通り、リンゴは非常に健康に良い果物です。リンゴを食べることでコレステロール値を下げることができ、動脈硬化や脳梗塞などを防ぐことができます。

 

また、リンゴ酸やクエン酸が疲労の原因である乳酸を減らす効果があるので、疲労回復にも効果があります。そして、リンゴポリフェノールという成分によって、脂肪の吸収を抑えて燃焼させることができるわけです。

 

リンゴを食べることで、高いダイエット効果が期待できるわけですね。そして、リンゴポリフェノールは、赤リンゴよりも青リンゴに多く含まれています。なので、青リンゴを日常的に食べることで、より効率よく痩せることができるようになるはずです。

 

ここでは、青リンゴのダイエット効果について解説します。

 


スポンサーリンク

 

青リンゴがダイエットに効く理由

 

脂肪の燃焼

 

プロシアニジンというリンゴポリフェノールには、脂肪燃焼効果があります。脂肪が蓄積されるのを抑える効果がありますから、余計な脂肪が付きにくくなります。赤リンゴよりも青リンゴの方が、プロシアニジンが4倍も多く含まれているようです。

 

また、プロシアニジンには、抗がん作用があることが研究により分かっています。

 

 

便秘の解消

 

リンゴには食物繊維が豊富ですから、腸内に溜まった便を排出することができます。また、腸内で糖分が吸収されにくくなるために、脂肪が付きにくくなる特徴もあります。さらに、リンゴは低GI食品なので、糖分がゆっくりと吸収されて腹持ちが続きやすくなることがあります。

 

 

むくみの解消

 

カリウムが多く含まれていますので、高い利尿作用が期待できます。尿として水分を排出できますから、むくみや水太りを解消することが可能です。また、老廃物も一緒に洗い流してくれるので、免疫力が高まったり老化防止にもつながります。

 

 

青リンゴダイエットの実践

 

毎食前に、青リンゴを半分に切って食べるようにしてください。1日に1個半食べることになります。ポイントとしては、皮も一緒に食べることですね。プロシアニジンは、皮に多く含まれています。なので、皮と一緒に青リンゴを食べるようにしましょう。

 

リンゴにはボリュームがあるので、食前に食べることで満腹感を得やすくなります。なので、普段よりも少ない食事量で満足することができ、摂取カロリーを抑えることができます。これを2週間続けることで、一定の効果が得られるはずです。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク