ギムネマ茶のダイエット効果・効能とは?

ギムネマ茶のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ギムネマ茶とは、インドの薬草であるギムネマから作ったお茶です。飲むことで味覚が鈍って、甘みを感じなくなる効果があります。糖分の吸収を抑える働きがあるので、糖尿病の治療にも使われているようです。

 

また、血糖値を抑えて脂肪を付きにくくしたり、肥満を防止する効果もありますから、ダイエットにもかなり使えるお茶だといえます。痩せたいと思っている人は、積極的に飲んでみましょう。ここでは、ギムネマ茶のダイエット効果について解説します。

 


スポンサーリンク

 

ギムネマ茶がダイエットに効く理由

 

内臓脂肪を減少させる

 

ギムネマ茶に含まれるサポニンには、ブドウ糖が脂肪と合体しないようにする効果があります。なので、脂肪の蓄積を防いで減少させることができるわけです。また、血中のコレステロールや中性脂肪も低下するので、動脈硬化や高血圧を予防することもできます。

 

このように、サポニンを摂取することで、肥満予防に効果的だということです。

 

 

血糖値の上昇を防ぐ

 

ギムネマ茶には、小腸でのブドウ糖の吸収を防ぐ働きがあります。なので、血糖値の上昇を抑えて、インスリンの分泌を少なくすることができます。インスリンは、体脂肪が溜まってしまう原因となるものですから、それが減ることで脂肪が付きにくくなるわけです。

 

 

便秘の改善

 

ブドウ糖が小腸で吸収されないことで、生きたブドウ糖が大腸まで進むことになります。すると、大腸で善玉菌のエサとなりますから、腸内環境を活性化することが可能です。なので、腸の蠕動運動を高めることができ、便秘を解消することができます。

 

また、体内の老廃物や不純物も排出できますので、疲労回復やアンチエイジングなどにも効果がありますよ。

 

 

ギムネマ茶ダイエットの実践

 

食後30分以内に、ギムネマ茶を飲むようにしてください。そうすれば、食事から摂った糖分を吸収するのを防ぐことができます。また、食前にギムネマ茶を飲むと、甘みを感じなくなるので、食べ過ぎの原因となることがあります。

 

なので、食後に飲むようにしましょう。そして、毎日過剰に飲んでしまうことで、甘みを感じなくなって甘いものばかり食べてしまうようになる危険があるので、飲み過ぎには気を付けるようにしてください。

 

多くても1日に3杯程度にとどめていれば、十分な効果が得られるはずです。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク