ドイツパンのダイエット効果とは?

ドイツパンのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

「パンは太りやすい」と、よく言われますよね。バターや砂糖などを使っていますから、カロリーが相当なものです。また、種類によっては脂質も非常に多くなっているので、普通に食べていると簡単にカロリーオーバーしてしまいます。

 

そこでおススメするのが、ドイツパンです。ドイツパンは、ライ麦を主原料として作られているパンなので、栄養価が非常に高いのが特徴です。通常の小麦を使ったパンと比べても、低カロリーで高栄養な食品なので、ダイエット時に食べるとかなり痩せやすいです。

 

なので、ここではドイツパンを使ったダイエット法を紹介していきます。

 


スポンサーリンク

 

ドイツパンのダイエット効果とは?

 

栄養価が非常に高い

 

ドイツパンは、ライ麦を使っているので、タンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維が非常に豊富です。特に、ビタミンB群が非常に多くて、小麦パンと比べてもB1が2.5倍、B2が2倍も多く含まれています。

 

ビタミンB群は、脂質や糖質の代謝に不可欠な栄養素で、エネルギー消費を促進して体脂肪が付くのを防ぐ働きがあります。そんなビタミンB群が多く含まれているわけですから、ダイエットに効果的なわけです。しかも、水溶性ビタミンなので、摂りすぎた分は尿と一緒に排泄されます。だから、毎日食べたとしても、体に影響することはありません。

 

また、タンパク質も豊富で、100g中に8gものタンパク質が含まれています。一般的に、穀物にはタンパク質が少ないですが、ドイツパンであれば効率よく摂取できますね。筋肉を作るために不可欠な栄養素ですから、しっかりと摂ることが大切です。

 

 

低GIなので、脂肪が付きにくい

 

ドイツパンは、低GI食品なので糖質の吸収が遅いことが特徴です。GIとは、糖質の吸収速度のことで、この値が高いほど血糖値が上がりやすくなります。小麦パンのGI値は91ですが、ドイツパンだと58なんです。だから、血糖値が上昇しにくく、脂肪も付きにくいということですね。

 

血糖値が急上昇すると、インスリンが分泌されて脂肪が合成されてしまいます。しかし、ドイツパンを食べることで、そういった心配はありません。

 

 

ドイツパンの種類について

 

ドイツパンは、ライ麦の混合によって種類が分かれるため、400種類を超えるとも言われています。それぞれに特徴が違いますから、自分に合った味を見つけてください。お気に入りのパンが見つかれば、長く食べることができるでしょう。

 

 

切り込みブレートヒェン

 

ナイフで切り込みを入れてから焼くので、上部に溝があるのが特徴です。最も基本的な形ですね。

 

 

シュテルンゼンメル

 

上部に十字型の切り込みが入っているもの。星形の形の溝ができる。

 

 

カイザーゼンメル

 

生地の端を折り曲げて、王冠のような形にしているもの。かなり技術を要するパン。

 

 

キュンメルブレートヒェン

 

キュンメルの実を上部に散りばめているので、香ばしい歯ごたえが特徴。

 

 

モーンブレートヒェン

 

ケシの実を上部に散りばめている。プチプチした食感を楽しめる。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク