ガゴメ昆布のダイエット効果とは?

ガゴメ昆布のダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ガゴメ昆布とは、北海道南部に分布していますが、表面が凸凹していて粘りが強い昆布です。抗がん作用のあるフコイダンを多く含むことから、健康食品として高い人気があります。さらに、コレステロールや中性脂肪を低下させる働きもあるので、ダイエット目的で食べる人が増えているんです。

 

実際、脚痩せなどに効果を実感している人が多く、むくみの解消にもつながるようです。健康にも優れた食材ですから、積極的に食べるようにしましょう。ここでは、ガゴメ昆布のダイエット効果について解説します。

 


スポンサーリンク

 

ガゴメ昆布がダイエットに効く理由

 

代謝を高める

 

ガゴメ昆布に含まれるヨウ素には、血流やリンパの流れを良くして代謝を上げる働きがあります。これによって、余分な脂肪を燃やすことができ、脚痩せ効果が期待できます。ちなみに、足が太る原因は、脚回りの血行が悪くなって脂肪が溜まってしまうことにあります。

 

なので、ヨウ素によって血流の流れを改善することで、脚痩せに繋がるということです。美脚を目指している人は、ガゴメ昆布を食べましょう。

 

 

便秘の解消

 

粘り気の強いガゴメ昆布ですが、これはアルギン酸などの食物繊維です。この食物繊維が、腸内をキレイにしてくれるので、腸の蠕動運動が活発になって便通を改善させることができます。また、余分な糖質や脂質を吸着して排泄してくれるので、脂肪が付きにくい体になれるでしょう。

 

 

空腹を感じにくくなる

 

ガゴメ昆布の食物繊維は、粘り気が強いので胃に停滞する時間が長いです。なので、腹持ちが良くて、空腹を感じにくくなるというメリットがあります。お腹が空くとストレスを感じてしまいますし、ドカ食いの原因になったりします。ダイエット時のストレスを軽減できるので、間食をしがちな人はガゴメ昆布を食事に取り入れてください。

 

 

ガゴメ昆布ダイエットの実践

 

1日2gを目安として、ガゴメ昆布を食べるようにしてください。お湯で戻してサラダなどに使うのがおススメです。注意点としては、ガゴメ昆布の成分は熱に弱いので、加熱してはいけないということですね。

 

だから、和え物やサラダなどに使うのが、最も効果的でしょう。毎日のおかずの一品に加えるようにしてください。

 

ただし、食べ過ぎは禁物です。ヨウ素を過剰に摂取すると、甲状腺腫や甲状腺の機能低下を招くことがあります。ですから、1日2gの目安を守って食べるようにしましょう。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク