カレーのダイエット効果とは?

カレーのダイエット効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

カレーには、たくさんの香辛料やスパイスが含まれているため、色々な効果を得ることができます。日本でもカレーライスは、全国で食べられていますし好きな人が多い料理ですよね。国民食といっても過言ではないですし、学校給食では常に上位に入る料理でしょう。

 

ストレスを軽減したり、冷え性の改善、風邪やがんの予防など、健康にも良いとされていますそして、ダイエット効果にも優れていて、脂肪を分解してくれたり、便秘解消、発汗作用など痩せるための効果が非常に多いです。

 

ここでは、カレーのダイエット効果について解説します。

 


スポンサーリンク

 

カレーがダイエットに効く理由

 

脂肪を分解する

 

カレーに含まれるニンニク、ターメリック、レッドペッパーなどのスパイスには、脂肪を分解する作用があります。また、血行を促進して代謝を上げる働きもあるので、体中の臓器が活発に活動してくれるようになります。

 

 

便秘の解消

 

クミンやナツメグ、ブラックペッパー、コリアンダーなどのスパイスは、便秘を解消する効果があります。腸への血流が増して、蠕動運動が活性化するためですね。腸の働きが弱いと老廃物が溜まって、脂肪が付きやすくなったり肌荒れの原因となりますから注意するようにしてください。

 

 

脂肪が付きにくくなる

 

カレーのスパイスは、アミラーゼやリパーゼなどの消化・代謝酵素の動きを活発にしてくれるので、体内の循環が良くなって脂肪が付きにくい体になることができます。また、血液をサラサラにして、動脈硬化を防止したり美肌効果を得ることも可能です。

 

 

カレーダイエットの実践

 

カレーは、出来るかぎり自宅で作るようにしてください。野菜などを多めに入れて、色々な栄養が摂れるようにします。野菜を煮込むことでかさが減って、1食でもたくさんの野菜を得ることができます。

 

また、お肉は牛肉よりも鶏肉で作った方が、ヘルシーで低カロリーになります。そして、ご飯の量を少なめにして食べるようにしましょう。ご飯は腹持ちが非常に良いですし、少ない量でも満足しやすいです。

 

また、よく噛んでゆっくり食べるようにすれば、満腹中枢を刺激しやすいですよ。カレーは、1度作れば何日も食べられますから、作り置きしておくことをおススメします。




このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
ホーム ダイエットシェイク